トロイからの落人  Fugitives from Troy

トロイを脱出して7年。約400年後のローマ帝国発祥の杭を、テベレ河河口の地に打ち込んだ男がいた。

『トロイからの落人』  FUGITIVES FROM TROY   第7章  築砦  1040

2017-05-26 09:15:41 | 使命は建国。見える未来、消える恐怖。
 オキテスが説明を始める。
 『俺が言いたいのは、いつ遭遇するかもしれない、また、遭遇しないかもしれない、航海途上における変事だ。四日間にわたる航海、特に前半の二日間における航海についての心配りだ。俺として考えられる変事の発生に気を配っている。一番目は、天候の異変、二番目は、我々が乗っている船に発生する不具合、三番目が外敵から受ける襲撃である。軍船に乗船している70名、また、新艇に乗っている20名も軍装して乗船している。それは三番目の変事に対処するために備えてである。我々に害を与えようとする輩を排除するためである。私の考える戦術、戦法、作戦に従ってこれを実行してもらう。いいな。このあと、ギアス船長、テナクス隊長の三人で詳細を打ち合わせる。納入する新艇を注文主に引き渡すまでは、いかなる事態に遭遇しても新艇に傷をつけてはならない。また、我々に及ぶ害があってはならない。その覚悟で航海を全うする。一同よろしく頼む』、
 『解りました』
 一同から力強い返事が返る。
 『大体以上である。パリヌルス隊長、ほかに何かいっておくことがあるかな?』
 『オキテス隊長、話はよく分かった。これはちょっとした思い付きだが、船大工の一人も同行させればどうかを考えればいい』
 『ほう、そうだな、考えてみる』
 『ほかに質問、または、要望といったものがあれば聞く』
 ギアスが手を上げる。
 『おう、ギアス船長、何かな?』
 『オキテス隊長、これは私からのお願いですが、二人いる操舵担当の一人を軍船のほうに配属願えないでしょうか』
 『おう、そうだな。解った。操舵担当のグッダスを軍船に配属する。これは決定だ!他にないか』
 一同がオキテスの言うところを十分に納得する。彼らは了解したことを声をあげてオキテスに伝えた。
 『よし!これで打ち合わせを終わる。安全航海でもって業務の完遂をする。その成否は一同の双肩にある。以上』
 オキテスは、航海の要領の打ち合わせを終えた。次いでスダヌスに話しかける。
 『スダヌス浜頭、ちょっと訊ねるが、この季節、海上にもやがかかることはあるまいな?』
 『それは、ありません。海上における見通し、視野に、もやがかかることはありません』
 『浜頭も、これから三人で打ち合わせる席に同席してもらう』
 『はい、解りました』
 彼らは少々の間をとる、ギアス、テナクス、スダヌスの三人がオキテスを囲む、座について顔を合わせた。
ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『トロイからの落人』  FUG... | トップ | 『トロイからの落人』  FUG... »
最近の画像もっと見る

使命は建国。見える未来、消える恐怖。」カテゴリの最新記事