トロイからの落人  Fugitives from Troy

トロイを脱出して7年。約400年後のローマ帝国発祥の杭を、テベレ河河口の地に打ち込んだ男がいた。

『トロイからの落人』  FUGITIVES FROM TROY   第7章  築砦  1031

2017-05-15 07:07:43 | 使命は建国。見える未来、消える恐怖。
 新艇納入の航海から帰還した一行を盛大に迎えた彼らは、その無事を心から喜んだ。
 彼ら一群の真ん中には、アエネアス、イリオネス、パリヌルスの三人がいる、傍らにはドックスが立っている。
 オキテスが艇から降りる、波打ち際に立つ、アエネアスと目を合わせる、歩み寄る、口を開いた。
 『統領、ただいま帰りました。全員無事の帰着です。新艇の引き渡しは滞りなく終えました。以上報告いたします』
 『おっ!そうか。全員無事の帰着が何よりうれしい!そのうえ業務の完遂、重畳!オキテス、ご苦労であった』
 アエネアスが目を潤ませる、腕を伸ばす、オキテスの肩を力を込めて抱いた。浜の一同から拍手と歓声が起きる。
 イリオネスがオキテスのつま先から頭まで五体を見て、彼の肩をガシッと抱く、言葉短く労をねぎらう。
 パリヌルスもオキテスの肩を抱く、二人に交わす言葉はない、目を合わせる、うなずき合った。
 艇上では、ギアスが漕ぎかた一同の労をねぎらう。ギアスが漕ぎかた一同とともに艇から降りる、波打ち際に整列する、棟梁と軍団帳に無事の帰着を報告する。
 イリオネスが声をかける。
 『おう、ギアス艇長、そして、漕ぎかた一同。長途の航海、大変にご苦労であった。お前らの無事の帰着、何よりと喜んでいる。そのうえ、業務の完遂、重畳であった』
 イリオネスが彼ら全員と握手を交わし、その労をねぎらった。
 浜において彼らを迎えた一同から盛大に拍手と歓声が沸きあがった。
 長途の航海から帰った一同の出迎えの次第が終わる。
 ギアスは漕ぎかた連一同を浜の一隅に休ませ、昼食の調達にパン工房に足を運ぶ、セレストスに航海より帰ったことを伝える。
 『おう、セレストス、無事に帰ったぞ!航海中の食事の件いろいろとありがとう。心から礼を言う。ところで昼食にしたい。パンはあるかな?』
 『ギアス艇長、長途の航海ご苦労でした。全員の無事何よりでした。昼食の件ですね、解りました。人数は何人ですかな?』
 『おう、37人だ』
 『少々お待ちください。すぐ整えて一緒に行きます』
 ほどなく準備が整う、セレストスが工房の者にパンを持たせ、ギアスとともに浜へと向かう。
 『艇長、いま、工房の者に魚を焼かせています。じきに焼けると思います。焼きあがったら浜へ持ってくるように言ってあります』
 『おう、手数かけるな。ありがとう』
 ギアスとセレストスが浜で待つ漕ぎかたらのところに来る、セレストスが声をかける。
 『皆さん!ご苦労でした。昼食のパンです。ほどなく、ぶどう酒と焼いた魚が届きます。少々待ってください』
 『おう、ありがとう』
 ギアスが声をかける。
 『おう、一同、少々遅くなったが、昼食にしよう。魚を焼いてくれている。すぐに届くと思う。パンを食べながら待つとする。昼を始めてくれ』
 彼らは、焼きあがって時間のたっていない、温もりのあるパンをほおばった。
 ぶどう酒が届く、焼けた魚も届く、彼らは満面に笑みをたたえる、航海中の話に花を咲かせる、昼食の場をぎわせて食した。
ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『トロイからの落人』  FUG... | トップ | 『トロイからの落人』  FUG... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む