トロイからの落人  Fugitives from Troy

トロイを脱出して7年。約400年後のローマ帝国発祥の杭を、テベレ河河口の地に打ち込んだ男がいた。

『トロイからの落人』  FUGITIVES FROM TROY   第7章  築砦  889

2016-10-16 16:19:01 | 使命は建国。見える未来、消える恐怖。
 『パリヌルス、酒と肴、まだあるかな。足らなきゃ持ってくるぞ』
 『いや、充分だ。お前が足りないのじゃないのか。いや、俺は満腹している』
 『よしっ!話を続ける。このクマエ(クマエは、現在のイタリアのナポリの北西にギリシアの植民地として最初に開かれた植民市である。この植民市で使われたギリシア文字の一種のクマエ文字からラテン文字が派生したといわれている)の北西で大河が海に流れ込んでいるところがあるらしい。噂ではこの大河のほとりに肥沃の沃野が広がっていると聞いている。ギリシア本土みたいに岩だらけということがないらしい。国を統治する者の言い分は、土地からの収穫が国を富ませるということであり、国を興す者にとって、第一に考えねばならないことである。俺の勘だが、パリヌルス、俺の今言ったことを忘れるでない。いいな』
 テカリオンは、そのように言ってパリヌルスの目を穴が開くのではないかと思われるくらいにじい~っと見つめた。
 『俺の予感だ!いつもお前と会う時に思うのだが、いつかお前と別れねばならない日が来る。そのような日が来ることを肝に銘じている。出立したら海路をさまようことがあるかもしれぬが、行く先を間違えるでないぞ』
 『テカリオン、どうして、そのような予感を察知するのか?俺にはとんと見当がつかない』
 『なあ~、パリヌルス、知らっぱくれるな、少しばかり深く考えれば解ることだ。統領がこのクレタに見切りをつける日が、そう遠くはない。そのあたりを見込んでの資金作りが新艇の建造にあると見た。また、今まで手掛けた事業、パンの事業、魚関連の事業、造船事業など、このクレタに残る者たちへの統領の配慮、心遣いだ。これは、ここだけでのお前と俺だけの話だ。絶対に口外してはならない、解るな、いいな!統領から指図あるまではな』
 『そうか、俺の質問の意図がお前に分かったか。うその下手な俺が思いやられる』
 『俺に質問するお前の目の色、輝きで察しがつく』
 『そこまで、統領の考えが及んでいるとは思わないのだが』
 『解ったか、理を詰めて考えれば、それくらいのことに察しがつく。考えれば解ることなのだ。先の見える奴と見えない奴との差だ。そして、国家を考えられる者と国家を考えられない者との差でもある。俺は、明言できる!統領アヱネアスの起こす国家は1000年は続くぞ!それのできる奴が統領の子孫に必ず出てくる!パリヌルス、アヱネアス統領についていけ!』
ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『トロイからの落人』  FUG... | トップ | 『トロイからの落人』  FUG... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む