トロイからの落人  Fugitives from Troy

トロイを脱出して7年。約400年後のローマ帝国発祥の杭を、テベレ河河口の地に打ち込んだ男がいた。

『トロイからの落人』  FUGITIVES FROM TROY   第7章  築砦  年末のご挨拶

2016-12-28 09:12:11 | 使命は建国。見える未来、消える恐怖。
              いつもいつもこのブログにアクセスいただき誠にありがとうございます。
                        心から御礼申し上げます。
  
                  今年も残すところ、今日を含めて4日となりました。
                        ニューイヤーが訪れます。
                    新しい年、皆様のネクストは何でしょうか。
                 改まる年 皆様に押しよせる、多くのラッキーチャンス、
               ビッグハッピーの年でありますよう力いっぱい祈願いたしております。
                        2016年12月28日

                        執筆者   山田 秀雄 
                       編集担当   山田 萌愛 

           *年あけての投稿のスタートは2017年1月3日です。よろしくお願いいたします。
ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『トロイからの落人』  FUG... | トップ | 『トロイからの落人』  FUG... »
最近の画像もっと見る

使命は建国。見える未来、消える恐怖。」カテゴリの最新記事