トロイからの落人  Fugitives from Troy

トロイを脱出して7年。約400年後のローマ帝国発祥の杭を、テベレ河河口の地に打ち込んだ男がいた。

『トロイからの落人』  FUGITIVES FROM TROY   第7章  築砦  1035

2017-05-19 07:43:48 | 使命は建国。見える未来、消える恐怖。
 『あ~あ、ギアス、メンバー構成の中にグッダスを入れておいてくれ。それで操舵担当が2名だ。心強い。以上だ』
 打ち合わせの終了を見計らっていたようにゴッカスが連絡に姿を見せる、ギアスが腰をあげる、ゴッカスとともに艇を揚陸した現場へと向かう。
 艇を前に、波打ち際を背にして、漕ぎかた一同が並んでいる、ギアスが並列している中央あたり、艇に向かって立つ、口を開く。
 『一同!起立!総員38名、安全航海を終え、無事帰着しました。ありがとうございました。礼!』
 ギアスが艇に向かって低頭する、一同がそれに倣う。
 『安全航海を終え、無事帰着しました。ありがとうございました』と唱和しして低頭した。
 彼ら一同が低頭から頭をあげる。
 建造の場の者らが、この光景を注視している、彼らが頭をあげる、建造の場に盛大に拍手が起きる、漕ぎかた一同が彼らに軽く頭をさげ、答礼した。
 ギアスら一同は、艇の揚陸を終え、礼を尽くし、建造の場をあとにした。

 オロンテスの声が聞こえてくる、建造の場に姿を見せる、オキテスの姿を見て駆け寄る。
 『おう、オキテス、無事に帰ったか、よかった!よかった!』
 彼の肩を抱く、互いにじい~っと見つめ合う、オロンテスはオキテスの無事帰着を喜んだ。
 『おう、オロンテス、新艇納入の件、全てうまくいった、喜んでくれ。それから、戦闘艇の受注の件もある。パリヌルスと話していたのだが、テムパキオの新艇引き渡しを終えてのちに詳しく話し合いたいと考えている』
 『おう、そうか。新艇の引き渡し業務がうまくいった、重畳!重畳!集散所のほうも我々の納入航海を気にかけていた。明日、この旨を集散所方へ伝える。彼ら喜ぶぞ』
 『テムノス方への新艇引き渡し業務の完了の件、集散所方へよろしく伝えておいてくれ。テムパキオの新艇の引き渡しを終えてから、俺も集散所に出向く』
 『おう、解った』
 『言い遅れたが、航海中の食糧の件、オロンテス、お前に大感謝だ、ありがとう!今度のテムパキオへは、総勢95人だ、世話をかける』
 『おう、その件、了解している。今度の航海は四日間だな、任せておいてくれ』
 『テムパキオまでは二日間、乗り組みは新艇に25人軍船に70人だ。よろしく頼む。あの日付別の梱包はいい!あれには感心した』
 『アエネアス暦7月19日の早朝に出航だな。了解した』
 オロンテスは建造の場を見渡す、イリオネスの姿が見えないことを確認する。
 彼はイリオネスの宿舎へと歩を向けて場をあとにする。
 ニューキドニアの浜は、今日の終業の頃合いとなろうとしていた。
ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『トロイからの落人』  FUG... | トップ | 『トロイからの落人』  FUG... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む