トロイからの落人  Fugitives from Troy

トロイを脱出して7年。約400年後のローマ帝国発祥の杭を、テベレ河河口の地に打ち込んだ男がいた。

『トロイからの落人』  FUGITIVES FROM TROY   第7章  築砦  1016

2017-04-24 08:08:06 | 使命は建国。見える未来、消える恐怖。
 オキテスらの二艇は、海を渡ってくる北東からの風に押され、軽いオールワークで南に向けて航走している。
 漕ぎかたにとって、櫂さばきが少々軽くなったとはいえ、炎天下、汗にまみれての漕走である、生やさしくはなかった。
 オキテスが滴る汗を腕で拭う、吹き出す汗が止まるわけはない、彼は浜を出てからの時間経過を振り返った。
 『ゴッカス、暑いな!俺らが浜を出てからどれくらいの時間が経っている?』
 ゴッカスが熱射を浴びせる太陽を見あげる。
 『隊長、二刻半(5時間)ぐらいではないかと考えられます』
 『そうか。艇の進み具合はどうだ?』
 『漕ぎかたの総員数の現状から考えて、艇速が少々遅いようですが、ほぼ順調と考えられます』
 『解った。あと半刻くらいでスダヌス浜頭との合流点に到達すると考える。漕ぎかた一同に水だ』
 『解りました』
 艇上の一同が水にありつく、川袋の水は日照にさらされて生ぬるい、かまわず喉に通す、乾いているのどを潤す、漕ぎかた連中の表情が和らぐ、オキテスが一同に声をかけた。
 『おう、一同!暑熱の炎天下、懸命の漕ぎ、ご苦労!あと半刻くらいでスダヌス浜頭との合流点に着く、洋上ではあるが小休止する。航海のはかどりは順調である。暑さが厳しいが海の状態は穏やかといえる。ふんばってくれ』
 一同が『おうっ!』と返す、艇はひたすらに波を割る。後続しているギアス操船の試作艇上でも、この風景を遠目に眺め一同が水でのどを潤した。
 オキテスもギアスも記憶を呼び起こして、この航路を南下している。オキテスは三度目であり。ギアスにとっては二度目である。オキテスの三度はスダヌスとの交流の航海であり、ギアスはアエネアスのイデー山への山行の航海であった。漕ぎかた連中のなかにも二度目の者がいる。彼らにとっても懐かしい航海であった。
 水でのどを潤してからの半刻は瞬く間に過ぎる、艇上で進行方向に目を凝らすオキテスの目に、スオダの浜への入り江口の南の岬が視野に入ってくる。その近傍の洋上に浮かぶ一艘の小船に目をとめた。
 船上のスダヌスが両手をあげて振っている、その手ぶりに手を振ってこたえるオキテス、遠めの目線が合う、無事航海の安堵を伝えてくる、双方の船が指呼の距離となる。
 二人が手を差し伸べる、艇と小船が洋上において波にゆすられながら接舷した。
 二人は堅く手を握り合う、目を合わせる、声を出さずとも通じる心と心、二人は互いに肩を抱いた。
ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『トロイからの落人』  FUG... | トップ | 『トロイからの落人』  FUG... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む