こよみ

クワガタ~スズメバチ・バナナ栽培等の掘り下げ記事です

ネブトクワガタの森

2017-07-17 15:36:43 | クワガタムシ関連
7月16日

午後から近くの雑木林に行きました。






この雑木林は、ものすごく蚊が多く

虫除けスプレーをしていっても必ず刺されるため

数年に1度しか行かない場所です。

そんな蚊だらけの雑木林で必ず発見できる種は

ネブトクワガタ。





笹の生い茂る細道を50mほど進むと

15本ほどあるクヌギの林に到着します。

今日はTさんと一緒です。


以前の記事で「ナラ枯れ」のことを書きましたが

この雑木林でもナラ枯れが発生しており

かつてネブトに人気のあった老木は

ひ弱く立っていました。


やっぱりここもアウトか!

少しがっかりしながら他の木を見て回ります。


オッ! いました! 


↓ 樹皮の隙間に見えるオス




↓ わずかな隙間に食らいつくオス





心配したナラ枯れは一部の木だけで

多くは健在でした。




↑↓ 根元の周りを樹液で囲まれている木が多い




↓ 樹液の浸み込んだ土の中でネブトが多く見つかる








この周辺はなぜかネブトクワガタが多く生息しており

狙って採れる珍しいところです。

分母が大きいせいでしょうか?

2年連続で30mmオーバーを見つけたこともあります。

また、周辺では9月上旬ころまで

活動する個体を見ることができます。


↓ どちらもオス



↓ 大き目のメス










↓ ヒメスズメバチ




↓ センチコガネとオオセンチコガネ






↑↓ スジクワガタ




樹液の浸み込んだ土中からは

ネブトクワガタが次から次へと見つかります。

「相変わらず多いなぁ~」






ところが、巻頭にも書いたとおり

ここは蚊のたまり場です。


一応の、蚊対策をしてきたつもりですが

手・足・背中

そこらへんがどんどん痒くなっていきます。

周りを飛び交う数も間違いなく増えています。


「Tさん、もうあかんわ!」


林の半分くらいを見終わる前に

「ネブトの森」から逃げ出しました。


↓ 行儀が良い




当日は、隣の県でライトトラップもしました。

そのときの画像は、次の記事に掲載します。
『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« キベリハムシ | トップ | タガメとライトトラップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL