こよみ

クワガタ~スズメバチ・バナナ栽培等の掘り下げ記事です

マダラクワガタの覚え書き

2017-05-18 00:07:37 | マダラクワガタ
マダラクワガタ Aesalus asiaticus

体長5mm前後の小さなクワガタムシで

一般に標高800m~の山地帯に分布します。


メスの頭部は、オスより小さく

また、後脚脛節末端部付近の広がりが大きくなりますが

基本的にはオスメス似たような形態をしています。


↓ 参考画像 兵庫県産(標高約1000mで採集)




成虫はおおよそ5月中~9月に出現し

幼虫は(成虫も)赤枯れから発見されます。


兵庫県では1960年氷ノ山の記録が一番古く

他にも宍粟郡や美方郡での記録があります。

また、私がこれまで採集したのは

標高約850m以上の山地帯でした。


2017年5月14日、14時頃

県北部の標高400mにも満たない川原で

同行していたKさんが

流木の上を歩くマダラクワガタを1頭発見しました。

後にコブスジコガネの仲間ではないかとも思い

調べてみましたが、間違えるような種は見当たらず

Kさんが発見したのは、マダラクワガタと同定しました。


↓ 流木上のマダラクワガタ







↓ 持ち帰り自宅で撮影







今回の発見が

上流からの流木由来で突発的なものか

或いはそれ以前から分布していたものかは不明ですが

私が県下で確認したマダラクワガタ分布の

最低標高になりますので、ここに覚え書きします。


種類:マダラクワガタ1頭 
(後脚脛節の広がりからメスではないかと思われる)

日時:2017年5月14日 14時ころ

場所:兵庫県北部の山中河原

標高:約380m

天候:曇り時々晴れ
 
気温:22~23度

状況:太さ約35cm長さ約100cmの広葉樹流木上を歩行中






参考文献:

きべりはむし 第28巻 第1号.兵庫県のクワガタムシ(1),
2000年5月,兵庫昆虫同好会,

日本産コガネムシ上科標準図鑑
岡島秀冶・荒谷邦雄監修,松原典発行人:2012年6月26日発行
株式会社学研教育出版,
『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« マグソクワガタ2017,No.2 | トップ | コルリクワガタ2017,No.3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL