健康人宣言

毎日元気な健康人になるための食事・運動
について

夏こそ生姜料理を

2010年08月13日 | Weblog


生姜の効能はよく知られているように健康増進です。
生姜の香りと味が食欲を促進しますので夏の食欲不振の解消に生姜料理をお薦めします。

生姜を使った料理はたくさんあります。
もちろん、生姜そのものが主役になることはありませんが、スパイスの役割をしてくれるのです。
生姜を料理に入れることによって、生姜の効能である食欲増進や、新陳代謝の促進が期待できるのです。

生姜の効能を考えれば、何にでも入れていいのです。
生姜を使ったレシピのコンテストなどもたくさん開かれているようです。
生姜を使ったカレーなんかいいのではないでしょうか。
カレーならば子どもでもおいしく食べてくれます。

生姜が体にいいと言っても、入れ過ぎると生姜の味が強烈に効きすぎます。
生の生姜をそのまま食べてしまうと、辛くて食べられないということもあります。
多くの人は生姜の香りだけで十分なのです。
カレーに入れる時には、胡椒などの代わりにスパイスとして入れることがいいのではないでしょうか。

生姜を使ったレシピの検索もできます。
簡単なものから本格的なものまで、自分が作ってみようと思ったらぜひお試しください。
生姜を食べることによって健康になるのですが、食べ過ぎたからと言って悪くなることはありません。
もちろん、それほど多くの生姜を使う人はいないということでしょう。
生姜を入れることによって、味がちょっと引き締まってきます。

大人の味と言うところでしょうか。
カレーは大人も子どもも好きですから、そこに生姜を入れることによってさらに食欲増進になるのです。
いままで生姜を使っていなかった人はぜひ使ってください。

もちろん、生姜で体が温まると言う効能は即効性ですから、すぐに実感することができますね。

  
   健康な食生活へ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康面からもカビ対策をしっかりしましょう。

2010年05月13日 | Weblog

カビには酒,みそ,しょう油,チーズなどの製造にカビが利用され私たちに役に立つカビもありますが室内に発生するカビは衣食住に害になるカビですね。<br>不潔さや美観の損失,食品の変質,中毒症,アレルギー症,感染症などを引き起こし生活に多大な悪影響を及ぼしています。

 カビ対策の基本は換気です。

ダニ対策も、湿度を抑えることと掃除が基本になります。

そのために、結露ができないようにすることと、結露が出たらこまめにふき取ることが必要です。

 ほとんどのカビは、温度が10度以下になると動きが鈍くなります。(扉の開閉がはげしい夏場の冷蔵庫の中で繁殖することはあります)

また、多くのダニは温度が20度以下で活動がにぶり、35度以上になると生育できません。

湿度が55%以下になると死亡率がぐんと高くなります。

 カビ・ダニを防ぐ住まい方で1年を通じて注意することは以下の通りです。

 1)晴れた日は窓を開けて風を通し、換気する。

  押入のふすまも開けっぱなしにする。

2)換気扇をこまめにまわす。

 食卓で鍋料理をしたり、食器洗いの時も忘れずにまわす。

換気扇をまわすときは空気の取り入れ口を作るようにする。 (どこか、一箇所窓を開ける)

4)外出の時も防犯上可能な限り、閉め切らず外の空気が流れるようにする

5)エアコンや除湿機を活用する

洗濯物を室内に干さず衣類乾燥機を使う  

 *ただし、電気式の場合は、乾燥の際に出る湿気の3割~5割を室内に排出するので、  同時に換気扇をまわすと必要があります。

 *どうしても室内干しになる場合は、脱水を強めにして最初の2~3時間は外に干します  その後、エアコンの除湿機能や除湿機のそばで干し、洗濯物に扇風機や冷暖房の風を 直角に当てると乾きが早いです。

7)家具と壁の間にすき間を作って空気の流れを作る

8)ガラス窓や壁にできた結露はこまめにふく

9)カーテンやドアはまめに開閉し、空気のよどみを作らない

10)暖房をしている時は寝る前に5分間窓を開放し、外気と室内の温度差をなくして 結露を防ぐ

梅雨の前にカビ対策の日本をしっかり頭に入れてカビのない快適な室内にしましょう。   

 健康への扉ー健康生活へ

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間ドックの勧め

2010年02月11日 | Weblog

働き盛りの30代後半から40代移行にはぜひ定期的に人間ドックを受けたいものですね。

しかし、人間ドックは、健康な人が利用するサービスですので、保険診療は適用されず自由診療になります。
したがって人間ドックの料金(価格)は、各施設が独自に決めていますので、サービス内容とは関係なく、周りの医療機関と同じ料金体系にしている「地域性」が見られるのも、人間ドックにおいては事実なため、同じ検査項目であっても、施設によって人間ドックの料金(価格)が違うのです。

人間ドックは、保険診療ではありません。
そのためすべて自己負担になりますが、人間ドックは労働基準法、労働安全衛生法で定められている健康診断に含まれているため、企業等が加入している健康保険組合によっては,年齢などの条件(35歳あるいは40歳以上)を満たせば一定額の補助金が出ることがあります。

また、人間ドッグの医療費控除は、その結果次第で対象になるかどうか変わってきます。診断の結果、重大な病気が見つかって治療を受けたときは、その人間ドッグ費用は控除の対象となりますが、健康だった場合は対象外になります。

人間ドッグは比較的、高額なものが多いので、受ける前に実施機関の検査項目や、サービス内容が、受診者自身の望んでいるものと合っているかを良く確認・検討してから受診することをお勧めいたします。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

視力の回復

2010年01月06日 | Weblog


仕事や日常生活で毎日目を酷使しすぎるという環境が多い現代、視力回復方法にいいからと長時間目を使わないでいることはほとんど不可能です。

どうすれば視力の回復方法を得られるかは、目の仕組みに関係しています。

視力には2種類あり、止まっている状態で止まっているものを見る視力は静止視力と呼びます。
静止視力とは逆に、対象と見ている人の一方あるいは両方が動いている時にものを見る視力を動体視力と呼びます。
運動選手などの話題で聞くことが多い用語だと思います。

視力回復方法は静止視力の方を回復させるのです。
動体視力の場合は回復ではなく、向上するものです。

視力が落ちた原因を知ることによって、視力回復方法を導き出すことが可能です。
まず、要因が遺伝のものが環境によるものかを見極めましょう。

1日の大半をパソコン操作で費やしている人などは、目が酷使されて環境的な理由によって視力が落ちる場合があります。
目の前にある水晶体に対し、目を使い続けることによってひずみが生じ、焦点が合わせにくくなって視力が下がります。

目を使い続けてばかりいないで1時間に10分ほど休ませることが、回復方法になります。
少しの間目を使わないで休ませるという視力回復方法は、リスクがなく目への負荷のない方法です。

また、タオルを蒸したものをまぶたの上にあてたり、優しく目の回りを揉みほぐすということも簡単な疲れ目の回復として有効ですね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

βグルカンのサプリメント

2009年10月18日 | Weblog


βグルカンを摂取できるサプリメントは数が多く、商品としては何種類も出回っています。
βグルカンのサプリメントは安い商品ではない上に、継続した服用が鍵になるため、サプリメントの選択は慎重に行いましょう。

信用できるメーカーの商品を選ぶようにし、金額が高いというだけで選ぶようなことのないようにしましょう。
βグルカンに限らず、サプリメントの購入の際には、商品の成分表示などの基礎的データをしっかりと読み込んで理解した上でにすべきであり、使用者の声については参考程度にとどめるべきです。

CMに使われている言葉についても、時折煽りとさえ言えるようなものが混じっていることがあります。
βグルカンのサプリメントは、果たしてそうしたCMどおりの効果を持つものなのでしょうか?

信憑性に疑問符がつく使用者の言葉を鵜呑みにするのではなく、やはりサプリメントそれ自体のデータや成分表示を納得できるまで調べることで、商品を購入するかどうかの判断基準としたいものです。
基本的な商品情報(明確な臨床データ、誇張のない成分表示)がしっかりしたものを選びましょう。

βグルカンは体の免疫力を回復させて、自然治癒力により、ガンの増殖を抑えるというものです。
低下した免疫力を活性化するβグルカンは、食中毒・花粉症等を未然に予防したり、糖尿病の方では血糖値が低下したりと身体の自然治癒力を高める働きもある用です。

抗ガン作用があるとされるβグルカンは、それだけを取り出して重さを量ることが難しいため、サプリメントを選ぶときにはその点に注意をしておきましょう。
成分表示に、βグルカンがmg単位で表示されているようなものには気をつけるべきだということです。

食物繊維に分類されているβグルカンは、空気中でも水中でも複雑に絡み合った構造をしているため、機能性の高い部分だけを取り出して重さを量るのが難しいのです。
つまり、βグルカンのサプリメントは、重量についてはあまり参考にせずにその他の成分表示などをよく見て商品を選ぶ必要があります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加