明日に向かって

つびやきブログ

速水御舟の全貌展@山種美術館。 「菊花図」はゴッホの「ひまわり」より圧倒的な立体感がありました。日本画材を使って、ゴッホのように絵の具をこんもりと盛るわけでもないのに

2016-11-26 09:15:07 | 芸術(美術展・映画・コンサートなど)
速水御舟の全貌展@山種美術館。

「炎舞」は、もちろん素晴らしい。炎を昔ながらの画法を使っているので何故か?落語の「火焔太鼓」を思い出してしまったが、

「名樹散椿」の金箔の美しさ、一つの翳りもなく金色に輝くバックの屏風。それは「撒きつぶし」金箔を貼るのではなく、細かく粉にして、それを撒いて金地にする技だからだそうで。原色で曇りなくはっきり描くのは、アンリルソーを思い起こさせました。

「菊花図」はゴッホの「ひまわり」より圧倒的な立体感がありました。日本画材を使って、ゴッホのように絵の具をこんもりと盛るわけでもないのに
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここだ日本で哲学が難しい理... | トップ | 前半に展示されていなかった... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL