明日に向かって

つびやきブログ

朝マックコーヒー、長谷川宏著「丸山眞男をどう読むか」と共に。 長谷川さんも丸山眞男の論文の重要なテーマとして指摘している「日本人の自由なる主体性の確立」の欠如。

2017-03-30 08:29:00 | 読書
朝マックコーヒー、長谷川宏著「丸山眞男をどう読むか」と共に。
長谷川さんも丸山眞男の論文の重要なテーマとして指摘している「日本人の自由なる主体性の確立」の欠如。明治維新や第二次世界対戦の敗北を経て今日に至るまで、まだまだ確立出来ていないどころか、戦前の全体主義へ回帰する現状に、丸山眞男は、封印出来ない今一度読まれるべきだと。
丸山眞男を読むと現状が全く戦前と変わりないことに、暗くやるせない気持ちになるが、そう言うことなんだなぁ。


Morning Mac coffee with 'How to read Masao Maruyama' written by Hiroshi Hasegawa. Maruyama is a person who structurally analyzed the fascism of the Japanese military under World War II.
The current Japanese government seems very similar to those days. He said that this is mainly because still independent individuals like the West are not developed in Japan.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝マックコーヒー、長谷川宏... | トップ | 柳家小八師匠の真打昇進襲名... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL