明日に向かって

つびやきブログ

立教大学名誉教授 宇野 邦一さんと哲学者 江川 隆男さんの対談「アルトーとドゥルーズ 器官なき身体の諸問題」@朝カル新宿。 お二人の深い洞察に、改めて哲学の奥深さに感動。

2017-03-20 21:30:23 | 芸術(美術展・映画・コンサートなど)
立教大学名誉教授 宇野 邦一さんと哲学者 江川 隆男さんの対談「アルトーとドゥルーズ 器官なき身体の諸問題」@朝カル新宿。
お二人の深い洞察に、改めて哲学の奥深さに感動。
江川さんの「アンチ・モラリア」に出てくる「器官なき身体」のイメージがあったのだけれど、ドゥルーズ・ガダリの「アンチ・オイディプス」の「器官なき身体」とアルトーの「器官なき身体」は、表層的なものへの批判をベースにしていながら、それぞれ微妙に違うようで、それを認識出来たのは、今後彼らの本を読み進める上でとてもよかった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京都美術館の「ティツィア... | トップ | 「日本画の教科書 - 東京編」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL