羅布泊通信

活動の予告と報告 http://lopnor.archive661.com/index.html

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天体Vol.4 はやしはなこ

2013-11-15 19:13:47 | EXHIBITION
10ヶ月ぶりの天体、第4回ははやしはなこさんをお招きして開催します。


「天体」vol.4
会場:20202(www.shinrin20202.jp/)
会期:2013年11月16日(土)
時間:14:00 ~ 20:00
展示作家:はやしはなこ(http://www.geocities.jp/oo170hanaco/hanaco/Welcome.html)
入場:1ドリンクオーダー(300円~)

展覧会趣旨:
「天体」は、不定期で開催しているシリーズ形式のイベント/展覧会です。
毎回1人の絵描きさんをお誘いし、1日のみの個展を20202にて行っていただいています。
会期は短いですが、天体観測のようにじっくりゆっくりと絵を見て過ごす1日になれば理想です。
(企画:齋藤祐平)


たどたどしいのは美しいです。だから絵もうまくならないように気をつけています。気をつけなくてもうまくなんかならないのだけど、絵をしばらく描いていない時ほどうっかりうまくなってしまったりします。手を動かし続けているとどんどん下手になっていって楽しいです。今回の展覧会では100枚のドローイングを展示即売します。3年前にやって好評だったので、毎年やって10年続けるって言ったくせにいつの間にか3年の月日が流れていました。一日しかないけれどその日のためにたくさん描くのでよければ見に来てください。絵のテーマはフォークロアです。(はやしはなこ)

企画者より:
はやしさんと初めて会ったのは、恐らく2007年9月に荻窪の環八沿いの高架下で淺井裕介さんと「1日限りの展覧会を作る」というイベント(http://lopnor.archive661.com/action/index.html#exhibiting_on_the_road_vol1)をやった時だったと思います。
もしかしたら、それ以前にもどこかですれ違ってはいたかもしれません。
初対面で挨拶したとき、はやしさんからその当時シリーズで描いていた船の絵をプリントしたステッカーか名刺をいただいたことを覚えています。
その日は雨がザーザー降っていてやたらと寒い日だったのですが、思えばその時qpさんやju seiのseiさんとも初めて会っていて、今思えば不思議な感じがします。
現在のはやしさんの絵はよりラフに走らせた線やランダムに配置されたモチーフが目を引く作風になっています。
見る側にとってその絵が「うまい」か否かというのは感じ方も違ってくるかと思いますが、プロフィールにも書かれている「うまくならないように」している意識がはやしさんの絵の世界観にいい具合のいびつさを与えているんだと思います。
はやしさんの絵は多分に物語性を感じさせるところもありますが、様々な技法や素材が使われ画面の表層に注意を促す要素が散りばめられていて、単に見る人を絵の中のロマンティシズムに耽溺させません。
個人的な感想ですが、その画面構成や線の危うさ・即物的な素材の扱いなどとロマンティシズムとのバランスが僕は好きです。
今回は100枚のドローイングを展示していただけるとのことで、じっくりと時間をかけてはやしさんの世界を味わえるかと思います。

今回のフライヤーデザインははやしさんの旦那さんの北風さんにやっていただいています。


今までの「天体」の記録はhttp://lopnor.archive661.com/action/tentai/index.htmlでご覧いただけます。

ではでは、少々遅い告知になってしまいましたが、よろしくお願いします。


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

(11/15更新)

本日、20202にて搬入を終えてきました。

今回の展示では、B4サイズのドローイング100枚を1枚千円(!)で販売します。
購入された方は、後日郵送ではなくそのままお持ち帰りいただけます。
という方式なので、買われれば買われるほど展示会場からは絵がだんだんと減っていきます。
できるだけはやしさんの絵を多く見たい!という方は、早めにお越しいただいたほうがいいかもしれません。
ご了承ください。

ではでは、よろしくお願いいたします。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フリーペーパー「yoms5」の表... | トップ | スライドパフォーマンス@ギ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む