火乃玉キングブラザーズ blog

WE ARE HINOKIN’!

アリア。

2017-07-23 10:56:58 | 使用機材
今日千秋楽を迎える大相撲名古屋場所。
昨日の優勝はお預けとなった白鵬だが、何といっても歴代最多勝という大記録を達成した。
パワーやスピードに衰えを感じるようになってからは、真っ向勝負を避け、張ったり叩いたりと立ち合いが気になっていたけれど、この記録は立派である。
簡単には抜ける数字ではない。まだまだ記録は伸びてくだろう。

先だってのキャットフィッシュ東京さんのギグで使ったアリアのエレアコ。
 思った以上に使える一本であった。
様々な理由からエピフォンの具合が芳しくない今、しばらくはサブの役割を担ってもらおうという心算だ。

いずれバンドにリードギターの仲間が戻ってきてくれた際には、迷いもなくコイツをメインで使う予定。

火乃玉タダキ 魂の弾き語りLIVE 2017 文月
「Feed Your Wild Side」

日時 2017年7月25日(火)
場所 渋谷 Encore Shibuya   http://encoreshibuya.com/
アクセス http://encoreshibuya.com/EncoreMapMobile.html
開場17:30/開演19:30
料金 1600円(前売)+1ドリンク600円
共演 中井むさしのさん/髙橋 淳さん/ikumiさん
※火乃玉タダキの出演は20:50です。
ライブの生配信もありますhttp://www.ustream.tv/channel/encoreshibuya-live

この記事をはてなブックマークに追加

ど根性。

2017-07-22 11:28:45 | 火乃玉タダキのロケンロー日記
我が燕軍はついに14連敗。
ゆんべの阪神戦も1-11と覇気がない。
今夜、佐藤由規が先発、さらに急きょ補強した外国人リベロが一軍に合流して何とか一矢を報いたい…。

明明後日に迫ったライブに向け、気合を入れようと、ブルース・リーの映画が見たくなった。
『燃えよドラゴン』はDVDで手元にあるのだけど、『ドラゴン危機一髪』『ドラゴン怒りの鉄拳』『ドラゴンへの道』の三本も併せて観たいので、CDショップで探した。
三本三千円で売られているのだが、あいにく『ドラゴンへの道』しか在庫がなかったので、いったん保留、ということにした。

隣の書店をぶらついていたら『ど根性ガエル』の傑作選DVDが身に留まった。
 10秒くらい悩んで、購入。
帰宅後、夜な夜なしんみり鑑賞した。

『巨人の星』や『あしたのジョー』、その他のいわゆる「スポ根」モノの漫画を通じて、強烈な根性主義をどこまでも硬いものとして植え付けられた。
そんな自分にとって、『ど根性ガエル』は、この根性主義の角張ったところを丸め、柔らかく嚙み砕いて心に入れてくれたことを痛感した。

男の意地=ど根性という生き方、男の悲哀、無理を承知で強者に挑む弱者の心意気…。
こんな価値観は、今日すでに失われてしまっているかもしれない。

それでも、この人生哲学は、いくら時代が変わっても大切だと思うなあ。
僕は結局四の五の言ったって最後は根性だ、と、いまだに信じている。
根性だけでは乗り越えられないものもあると、何度も痛感させられてきたけれど、そう思うのだ。

根性は人に強要するものではなく、あくまで自分自身を鼓舞するものだ。
しかし、今こそ燕軍の選手は、ひとりひとりが「ど根性」を見せるときでやんす、と思うのね、はい。



火乃玉タダキ 魂の弾き語りLIVE 2017 文月

「Feed Your Wild Side」

日時 2017年7月25日(火)
場所 渋谷 Encore Shibuya   http://encoreshibuya.com/
アクセス http://encoreshibuya.com/EncoreMapMobile.html
開場17:30/開演19:30
料金 1600円(前売)+1ドリンク600円
共演 中井むさしのさん/髙橋 淳さん/ikumiさん
※火乃玉タダキの出演は20:50です。
ライブの生配信もありますhttp://www.ustream.tv/channel/encoreshibuya-live

この記事をはてなブックマークに追加

裏切りの罰。

2017-07-21 12:08:03 | 火乃玉タダキのロケンロー日記
大相撲9月場所のチケット抽選にエントリーした。発表は26日だ。
仮に当該升席が取れなかったら、いわゆる「タマリ」にエントリーする心算である。
砂被りで嘉風や宇良はじめ大関、横綱勢を見てみたい。この場合は得意の単独行動となる。

25日に向け夜な夜な大声を張り上げてのリハ敢行。
そんな中、事件勃発。
 毎晩3弦が切れる夕暮エピフォン。
竹原ピストルの歌によれば、三弦が切れるのは、確か友達を裏切ったバチだったと思う。

暫くバンドに没頭していなかったの自分の単独行動および一番信頼していた「夕暮」への不義理を反省している。



火乃玉タダキ 魂の弾き語りLIVE 2017 文月

「Feed Your Wild Side」

日時 2017年7月25日(火)
場所 渋谷 Encore Shibuya   http://encoreshibuya.com/
アクセス http://encoreshibuya.com/EncoreMapMobile.html
開場17:30/開演19:30
料金 1600円(前売)+1ドリンク600円
共演 中井むさしのさん/髙橋 淳さん/ikumiさん
※火乃玉タダキの出演は20:50です。
ライブの生配信もありますhttp://www.ustream.tv/channel/encoreshibuya-live

この記事をはてなブックマークに追加

名古屋場所。

2017-07-20 10:54:37 | 火乃玉タダキのロケンロー日記
大相撲名古屋場所を毎日楽しみに見ている。
こんなに真剣に相撲を見るのは久しぶりだ。
若貴時代以来だろうか。

今場所は宇良が本当に面白い相撲を取っていると思う。
小柄ながらトリッキーでありながら、何度も何度も大男たちにぶつかっていく姿は、見ていて清々しい気分になる。
一昨日の髙安戦でひざを痛めた模様で心配だが、先だっての初金星を飾った日馬富士戦なども見事だった。
取組後のインタビューも感動的で、今後も注目していきたい。

それから琴奨菊。
あくまで無骨に突進する姿は潔い。
たまに叩いたりもするけどね。

そして、一番好きな力士といえば尾車部屋の嘉風だ。
昔ながらの、いい相撲を取る。
とくに今場所は、立ち合いでいなしたり叩いたりしていない。
正々堂々、自分の相撲にこだわる姿勢が素晴らしい。
体格が若干劣っているので、なかなか優勝戦線には残れないが、現状の「技能賞」は嘉風のためにあるといっても過言ではない。
35歳だけど、まだまだ頑張ってほしいものだ。


先週から愛車を修理に出している。
正月に縁石をこすってしまった際にできた凹み傷を、半年経った今、まるで思い出したかのように直しているのだ。
その間、拝借している代車が、なかなか味があってよい。
すこし前までは、車はこんな形状だった。
手動式の窓、各ドアのロック、反応の遅いAT…。
 ホームセンターの駐車場に絶妙にマッチする。




火乃玉タダキ 魂の弾き語りLIVE 2017 文月

「Feed Your Wild Side」

日時 2017年7月25日(火)
場所 渋谷 Encore Shibuya   http://encoreshibuya.com/
アクセス http://encoreshibuya.com/EncoreMapMobile.html
開場17:30/開演19:30
料金 1600円(前売)+1ドリンク600円
共演 中井むさしのさん/髙橋 淳さん/ikumiさん
※火乃玉タダキの出演は20:50です。
ライブの生配信もありますhttp://www.ustream.tv/channel/encoreshibuya-live

この記事をはてなブックマークに追加

ジョンとヨーコのバラード?

2017-07-19 18:10:12 | 火乃玉タダキのロケンロー日記
さて、盛り上がっている大相撲名古屋場所。
このところ番付を上げている「貴景勝」という新鋭の四股名が気になった。
今日の琴奨菊との一番も、二十歳とは思えない老獪なはたき込み。
先だっては白鵬と稽古まがいの取り組みが話題になった貴乃花部屋の力士である。

貴乃花部屋で貴景勝、ははーん、親方と女将さんの名を一字ずつとって、勝でしめたな、と。本名も「貴信」だというし。

これは「ジョンとヨーコのバラード」の世界観かな、思ったね。
いや、まてよ「勝」って”お兄ちゃん”の本名ではないか!
単なる偶然か、陰で和解成立か、はたまた痛恨のミスか…。

 LRバッグス・M1を装着したヤマハ。
 振動を拾ってくれるというのはありがたい。

さあ、ゲネプロ、ゲネプロ。

火乃玉タダキ 魂の弾き語りLIVE 2017 文月

「Feed Your Wild Side」

日時 2017年7月25日(火)
場所 渋谷 Encore Shibuya   http://encoreshibuya.com/
アクセス http://encoreshibuya.com/EncoreMapMobile.html
開場17:30/開演19:30
料金 1600円(前売)+1ドリンク600円
共演 中井むさしのさん/髙橋 淳さん/ikumiさん
※火乃玉タダキの出演は20:50です。
ライブの生配信もありますhttp://www.ustream.tv/channel/encoreshibuya-live

この記事をはてなブックマークに追加