gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

迷歩録   いたん

2016-10-11 12:52:41 | 日記
  雲多く  青空遠く  陽射しなし  草間楽団  旅愁奏でる


                            ひのひら  ろくべえ





    民主主義の現代マジョリティー(大多数)の意見が正しくて、マイノリティー【少数】

   意見は異端な意見として、相手にもしてもらえない風潮がある。しかしこのことが正しい

   か、正しくないかは歴史しか証明できない。織田信長も豊臣秀吉も徳川家康もその時代で

   は異端児ではないだろうか。歴史的に見ても異端児が歴史を変えるというのは本当ではな

   いだろうか?

    対人援助の中で、一番大事にされていることは何であろうか。身体援助と精神援助に大

   きく二分野に分けてみると、解りやすい身体援助というものが優先していることは言うま

   でないであろう。身体援助はだれの目にも解りやすいという面がある。それ故にその部分

   に取り組み援助を行うことで名声を手にしている人が多い。つまりスポーツや健康体操な

   ど、解りやすく取り組みやすいものが優先される。特に薬物依存傾向は強いのではないだ

   ろうか、薬物と言っても健康志向者に売りさばく、サプリメントの類である。夜中のテレ

   ビのどのチャンネルにしても、健康食品やサプリメントの類のコマーシャルを行なってい

   る。勿論医学的にはどうなのかと首をかしげるものもある。そのコマーシャルに影響を受

   け、服用良くなったという体験を流す。そんな商法がメインであるが。この商法に誘導さ

   れ購入する人も少ないのであろう。このような時代、そうではないですよ、飲むより運動

   ですと指導したところで、人間は飲むという楽な方を選択するであろう。しかし一時的に

   は薬を飲んだという安心感から一時的には良くなることもある。このような効果をプラシ

   ボー効果という精神の働きによる効果なのである。そんなことを伝えようもんなら、信用

   を失い、医療収入は半減する。だからそんなことは伝えないと言うのがマジョリティーで

   伝えるのがマイノリティーなのである。しかし収入関係なく正直に伝える医療機関もある。

   その医療機関は異端施設として、社会からはみ出しているように言われる。しかしそんな

   医療施設こそ、正しい医療機関なのである。このように「いたん」だから、おかしい不正

   という事はない、個人も同じことである。大多数に従っているから正しいわけではなく、

   「いたん」な存在だからこそ正しいことを全うしようとしていることがある。むしろその

   方が多いのかもしれない。「いたん」とても大切なキーワード、「いたん」でもへそ曲が

   りでもいい、自分の信じた道を歩くのがいいのではないだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷歩録  もりたてる | トップ | 迷歩録  きわめる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。