gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

迷歩録   へつらう

2017-06-14 13:52:52 | 日記
 <strong> 空梅雨に  渇きお辞儀や  なすきゅうり  朝の山水  喜び踊る


                                 ひのひら  ろくべえ



   「へつらう」とは、人の気に入るようにふるまう。こびる。おもねく。追従する。(広辞苑)とある。つまり今風に言えば

   ごまをするという事であろう。

    しかし、このコミュニケーションは、すぐに破綻をするか、相手に飽きられてしまい、関係性が途切れてしまう可能性が

   大きい。「へつらう」とも時には必要な時もなくはないが、継続して行うコミュニケーションではない。人は相手が自分を

   どのように捉えているかという事に敏感である。この敏感さを無視した「へつらう」行為は、そのことが解った時点で終息

   向かうか、表面上は相手をしているように見えるが、内心は小ばかにするなどの態度をとることが多い。

    「へつらう」ことでしかコミュニケーションができないものもいる。しかしこのような者は信頼されるという経験に乏し

   く、信頼された経験不足から、「へつらう」ことでしか、他者との関係をつくりだせない弱さを持っているのではないだろ

   うか。

    特に問題は「へつらう」側の問題ではなく、「へつらう」を受ける方の問題が大きいのではないだろうか。「へつらう」

   ことを増長させるのは、受け手の方である。つまりごまをすられて、自分の人間性を誤解したり、「へつらう」人ばかりを

   かわいがるとか、関係性を多く持とうとする、単細胞的かかわりに気分を良くしてしまう、そんな人の存在が「へつらう」

   ことを増長させてしまう。その人はそのことで「へつらう」ことの悪循環に陥り、「へつらう」ことでしか人間関係を保て

   なくなってしまう。

    特に教育の場における先生と生徒の関係における人間関係では、その後の成長に大きく影響を与えるのがこのかかわりで

   はないだろうか。生徒が低年齢であればあるほど、その影響は大きいと考えられる。それ故に先生はごますり生徒を優遇す

   るのではなく。平等にかかわることが最も大切となるのではないだろうか。

    相変わらず学校における先生の不祥事は後を絶たない。教育は対人援助の中でも人となりがとても優先される職場ではな

   いだろうか。人となりを磨くためにも「へつらう」のではなく、言語、態度をできる限り近づけることを大切にして教育と

   いうものに取り組んでもらいたいものである

    「へつらう」のではなく、信頼という二文字を得るために何をどのようにすればいいのかを、伝えてほしいものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷歩録   しんぼう | トップ | 迷歩録   かったつ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。