gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

迷歩録   おしえる

2017-07-17 13:41:16 | 日記
  海の日に  灼熱注ぐ  南街  水辺の木陰  極楽の郷


                             ひのひら  ろくべえ




    対人援助の仕事の中で、コミュニケーションに含まれる、教えるという行為、このことは教育、福祉、医療に

   かかわらず、とても大切な行動なのだが、それほど重要視してないのではないだろうか。

    特に福祉、医療の現場ではとても大切な事、さらに教育現場では、教えることが教科書的になりすぎていないだ

   ろうか、教えるとは記憶させることでも文章を書くことでもない、生活そのものを変えることではないだろうか。

    特に医療や福祉の現場では、生活習慣を変えたり、日常生活を変えたりすることが必要となることが多い。この

   必要性を、学んで、変化させることが将来に渡る自分を創りだすことなのだが、援助する側にその意識がない場合

   は、不幸にもそのクライアントは学べないばかりか、将来の自分を見出すことができないままとなる。

    教えるという行為は、言葉ではなく行動である、その行動を意図してつくりだし知らしめることができなければ

   クライアントは自分と向き合う事を避け、援助者に依存的となり、解決策を持てないままに過ごすことになってし

   まう。

    「おしえる」簡単なようでとても複雑なかかわりを求められる。このことをチームで、あるいは個人的に追及し

   ているだろうか。

    生活を変えることへのサポートは、言葉を知っただけではできない、それ相当の覚悟ができなければ生活習慣や

   日常生活動作は変化させることができない。つまり施設などの環境にいる時はできるが、自宅に帰るとできない人

   が大多数であろう。つまり変化は自宅でできることが前提である。常に援助者がいるわけでもない、家族も含めて、

   援助者が「おしえる」という事を、意識してかかわらない限り、不可能な事となってしまう。意識を変化させるこ

   とを求める、「おしえる」行為、援助者として身につけたいものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷歩録   つゆあけ | トップ | 迷歩録   いんぎん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。