gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

迷歩録   ほんうんふくう

2017-05-15 14:41:00 | 日記
  <strong>青空や  雲雀騒ぎて  風を呼ぶ  新緑薫る  畦道歩く


                           <strong>ひのひら  ろくべえ


     翻雲覆雨(ほんうんふくう)とは、人の心の移ろいやすく、あてにならない事の例え、掌を上にすれば雲となり

    下に向ければ雨が降るの意で、人間の心というものは簡単に状況が変われれば、変わってしまうという。そのことを

    言うらしい。確かに人間の心に絶対はない。今、好きでも一秒後は嫌いとなっていることはいくらでもある。永遠な

    る心の不変などというものは存在しないのだが、多くの人が自分への愛は不変であることを期待する。そうではなく

    変化するものだからこそ、毎日のかかわりが大事なのではないだろうか。

     変化しないものであれば、毎日のかかわりはそれほど重要でなくなる。しかし変化するからこそお互いに確かめ合

    うことを必要とするのではないだろうか。このことは対人援助の中でも同じこと、今日上手くかかわれたから、安心

    という事ではない。たまたまお互いの精神性、コンディションが一致をしただけで、そのことが永遠に続くわけでは

    ない。それなのに永遠に続くと錯覚をしてしまう。そこに人間関係の落とし穴がある。人間の関係はその時その時で

    日に日に完結していっていることを知ることが大事なのである。

     人の心は「ほんうんふくう」(翻雲覆雨)であることを知って、だからこそどうするのかを考えたかかわり方を考

    え、コミュニケーションする必要があることを知ることができれば、コミュニケーション力は向上するのであろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷歩録   ばら | トップ | 迷歩録   ちくご »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。