gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

迷歩録   だくりゅう

2017-07-06 11:42:28 | 日記
  梅雨空や  オクラの如し  粘りかな  湿度高くて  カビや蔓延る



                                  <strong>ひのひら  ろくべえ




    数十年に一度の大雨で、九州、山陰地方に甚大な災害をもたらしたニュースが流れ続けている。地球の怒りか怒りは損害は

   もたらすが、利益はもたらさない、様々な物を失うという事を学ばせてくれる。風吹けば桶屋が儲かるという事はあっても、

   即時的には、マイナスな要素だけが刻まれる。

    人間の感情も同じではないだろうか。秘書を叱り続ける衆議員のように、怒りは失うものが大きすぎるのではないだろうか

   特に感情的怒りは、「だくりゅう」の如く様々な物を失ってしまう傾向にあるのだろう。怒りは大切だが感情的怒りは対人援

   助の場でもあまり必要ない。人間関係を失っていくだけではないだろうか。地球も人間も感情的怒りで失うものは計り知れな

   いのかもしれない。戦争もその一つ、ミサイル開発競争に勝ったから平和が訪れるのではなく、ミサイルを持たないことで平

   和が訪れるのではないだろうか。

    対人援助の場でも感情的怒りは、人間関係を壊し、何も生まれてこないが、怒りは持たなければならない。怒りなき人間と

   なる必要はないのである。怒りは感情的表現ではなく、論理的表現ができることが望ましい。論理的表現に向かうことで、怒

   りの解消方法を身につけることにもなる。さらに問題の解決策を模索する能力を身につけることにもなる。感情的怒りは失う

   ものばかりだが、論理的怒りは、得るものが大きい。地球の感情はだれもコントロールできないが、人間の感情はだれもがコ

   ントロールできる。感情的怒りが「だくりゅう」となりそうであれば、その場を一時的に離れるとか、身体をリラックスさせ

   るなどの対策をとればコントロールしやすい。このような体と精神のバランスを活用して、怒り感情をコントロールすること

   で、感情の「だくりゅう」を起こさないで済むのではないだろうか。つまり将来に渡って人間的損失を最小限にできたという

   事であろう。特に人間関係の怒りというものは納豆のように粘りしつこい傾向にある。この人間関係をつくってしまうと長年

   に渡って損失をしてしまう事にもなりかねない。

    怒りは大切、怒りがあるからエネルギーを生み出すという事でもある。しかしこのことは論理的怒りが殆どである。論理的

   怒りは持続をしながら発展をするが、「だくりゅう」のような感情的怒りは、被害をもたらし一時的になってしまう。そのた

   めその場にもそのものにも何も生まれない。被害の爪痕だけが心に留まることになってしまう。PTSDである。

    人間の怒りは、生きるエネルギーではあるが、そのエネルギーは持続可能なことが大切ではないだろうか。コミュニケーシ

   ョン上で怒りを伝えても、怒りは伝わるが、怒っていることの本質は伝わらない。如何に怒っていることを伝えるかというの

   は、論理性が必要となるのであろう。秘書を馬鹿呼ばわりする議員は自分が無能であることをさらしているようなもの、それ

   だけでなく、多くのものを失う結果となった。

    感情的怒りは百害あって一利なし、論理的怒りは百利あって一害なしである。賢い生き方をしたいものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷歩録   せせらぎ | トップ | 迷歩録   たなばた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。