gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

迷歩録   たじろぐ

2017-07-13 09:41:01 | 日記
  <strong>久方の  朝日に目覚め  とまとかな  鶯鳴いて  不如帰鳴く



                                <strong> ひのひら  ろくべえ






    「たじろぐ」とは、しりごみする、ひるむ、辟易する。上達しない、劣る、うごき傾く、ななめになる、

   衰える。(広辞苑)などの意味があるらしい。この意味そのものを見ると、ネガティブのような印象を受

   けるが、このネガティブな印象そのものが人間関係の中ではとても大切なのではないだろうか。

    特に経験のない体験をするようなコミュニケーションに措いてはこの「たじろぐ」気持ちこそが相手の

   心をむやみに傷つけたりすることがなく、スムーズなコミュニケーション導入となるのではないだろうか。

   このころを失ったコミュニケーションは、相手の心に土足で入り込む、失礼千万のコミュニケーションと

   なってしまう恐れがある。「たじろぐ」ことを良しとしない考え方よりも、「たじろぐ」ことを生かした

   コミュニケーションにしていくことが大切なのではないだろうか。

    「たじろぐ」心を失ったものは、驕りを持つ人間としての印象を与えることもある。多くの政治家がそ

   うであるように、立場や役割、資格や年齢によって、錯覚を起こし他者と違う自分は偉いとか凄いという

   ふうに勘違いをしてしまい、自信だけが表面化してその振る舞いだけが目立つようになる。そうなること

   で、謙虚さや真摯に物事に向き合う姿勢そのものが失われていくのではないだろうか。

    失われれば取り戻すことは容易な事ではない、10年かかって築いた信用も、たった一言で失うこともよ

   くあることではないだろうか。

    「たじろぐ」心を持って物事にあたるという事は、臆病でもない、慎重でもない、人間はミスを犯す動

   物であることを理解しているという事ではないだろうか。この理解があっても不可抗力的にミスを起こす

   ことがある。そのことを理解し「たじろぐ」心を持っているからこそ、安全という信用を得ることができ

   るのではないだろうか。

    コミュニケーション技術の向上には必要な考え方ではないだろうか。「たじろぐ」ことは悪いことでは

   ない、良いことである。「たじろぐ」ことで立ち止まり考える習慣をつくりたいものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷歩録   ちゃばん | トップ | 迷歩録   ちゅういりょく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。