ひのっき絵日記

あったかくてぐっすりでごはんがおいしくてよかったねうれしいねなんて小さなしあわせ探し絵日記

辛子高菜はシルクロードの滋養の葉菜

2017年06月27日 | 絵日記

ふらりラーメン屋さんに入店。

テーブルに何やら小壺が常備されてます。


揚げ玉ねぎ。香ばしさがたまりません。


辛子高菜。ツーンと刺激的な香り。

高菜は中央アジア原産で、シルクロードを通って平安時代に日本に入ってきました。

江戸菜の愛称でも親しまれ、野沢菜、広島菜と並ぶ日本三大漬菜の一つです。

現在日本で食べられている辛子高菜は、明治37年に四川省から奈良県にもたらされた品種が原種です。

アリル辛子油の落涙級の刺激が博多っ子達の心をつかみ、福岡では半数以上のラーメン屋さんにトッピングとして常備されているのだとか。

また栄養価が高いことでも知られ、ビタミンA、C、カロチン、鉄分、カルシウム、食物繊維、葉酸などが豊富に含まれています。 

中央アジアで生まれた滋養の葉菜がシルクロードを通って平安京に至り、中国蜀で辛みを獲得した品種が奈良で博多で美味しく発展し辛子高菜として大成した。

それを東京のラーメン屋さんで手軽に食べられる幸せ、食の繋がりに思いを馳せた高菜タイムでした!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クイーンズ伊勢丹と豚さん | トップ | 「完全教祖マニュアル」は宗... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
辛子高菜 (スフレのかあさん)
2017-06-27 13:15:26
辛子高菜は、福岡では博多ラーメンのお店にはほぼ置いてあります
お店によって、辛さや塩味は様々ですがやはり欠かせないトッピングです(*^o^*)
当たり前のように食べていたものにそんな歴史があったのか〜と勉強になりました
食の歴史や成り立ちはとても興味深くて楽しいです^_^
こんにちは (tempo1078)
2017-06-27 14:03:42
食の歴史には
お詳しいですね。

相当の
食の探究家で
いらっしゃる。

勉強にもなりますが、
何よりも、この楽しさがいいですね。

お人柄でしょう、きっと。
スフレのかあさんさん (hino)
2017-06-27 20:08:19
スフレのかあさんさん
こんにちは!
なるほど、博多では半数どころかほぼすべての店に置いてあるのですね。
博多ラーメンでは一杯目ではあえてノーマル状態で食べ、替え玉のタイミングで辛子高菜で味変するのが個人的には気に入ってます。
ラーメンに入れてよし、ライスに乗せてラーメンライスにしても最高、辛子高菜は博多ラーメンの最高の相棒だと思います。(^^)
tempo1078さん (hino)
2017-06-27 20:19:03
tempo1078さん
こんにちは!
確かに食の歴史について調べるのは好きです。
同じ食べ物でも、歴史を知った上で食べるとより一層美味しくいただける気がします。
先人たちの努力と工夫の積み重ねのおかげで享受できる素晴らしい食文化、本当にありがたいなあと思います。

コメントを投稿

絵日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL