ひのっき絵日記

あったかくてぐっすりでごはんがおいしくてよかったねうれしいねなんて小さなしあわせ探し絵日記

回鍋肉丼で考える盛り付けの力

2017年07月16日 | 絵日記
ふらり入った中華料理屋さんで、回鍋肉丼なるメニューを発見。
なるほど、回鍋肉ってご飯にのっけて食べることあるしこれは合理的かもと注文。

回鍋肉丼(680円)到着。平皿に盛られたご飯に回鍋肉がかかってます。

うん、美味しい。豚肉の旨味とキャベツの甘味、甘味噌のコクがホカホカご飯に絡み絶妙な美味しさ。
しかし程なく大変なことに気付きました。なんか食べにくい?
レンゲを使うとキャベツが掬いにくく、箸を使うとご飯が掴みにくいです。
ぬう、やはり回鍋肉は箸で食べ、ご飯は茶碗で食べるのが至高か。

料理には適した盛り付けがあるんですねなんて回鍋肉タイムでした!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新宿天ぷら船橋屋の宝ランチ... | トップ | ファミマで焼鳥とつくね串 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美味しい食べ方で (越後美人)
2017-07-16 15:53:22
確かにねえ、平皿の場合はレンゲではキャベツもご飯も取りにくいですね(^^;
やはり回鍋肉はお箸で、ご飯はお茶碗で!
適した盛り付けで美味しく食べたいですね(^_-)-☆
越後美人さん (hino)
2017-07-16 22:14:48
越後美人さん
こんにちは!
確かに適した盛り付けって大事ですよね。
平皿に盛ったご飯を箸で食べるのもかなり大変です。
普段何気なく食べている料理の盛り付けが、実は食べやすいように考え抜かれたものだったのだなあと改めて感じました。(^-^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL