OFF THE BALL <<CHIKUMANO-FC 2006~2008>>

ボールがない時の判断・動き出しの技術を、自分の未来に生かしていこう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分たちで場をつくる

2008-02-02 | SOCCER

この時期にグランドに雪がないなんて! 奇跡?

いえいえ、チームの子たちが必死こいて今日のために雪かきしました。
コーチが車で鉄骨を引っ張ってならしました。 チームのみんなに拍手!! 
おかげで中体連リーグ2節目をようやく行えました。

1試合目は、チームの子たちのハートが凍り付いていてミスを連発し0-1で負け。
そういえばグランドは水分が凍っていてコンクリートのようだったなぁ。
2試合目は、前半開始5分の間に2点取られて萎え萎えかと思いきや、その後ハートに火がついて押せ押せムードで結局3-2の逆転勝ち!
グランドはハートの熱で水分が溶けぐっちゃぐちゃになったけど、頑張った子ほど泥汚れの勲章をまとっていたよね。
(ちなみに写真は1試合目と2試合目の間)

ベストともグッドとも決して言えないコンディションだけど、真冬に雪の上ではなく土の上で『サッカー』できるって幸せなことだね。
そういうグッドな場を自分たちでつくったってことにベストな意義があるのですよ。
そこんとこ忘れないでね!

ジャンル:
サッカー
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドームがあるってやっぱすご... | トップ | 場をキープする難しさ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よく頑張りました!! (小林コーチ)
2008-02-06 19:06:49
 タウン情報に冬場の屋外スポーツの窮状を訴え、先日記事掲載されましたが・・・ほんと松本の冬場の気象条件は子供たちにとっても苦労が絶えませんね。
 その点からしても、皆さんがなさった努力には自ずと頭が下がります。
 一方で・・・実は、ラーラ松本の施設内にきれいな人工芝があるのですが、スパイクを使用しないのを条件に利用依頼を掛けたにもかかわらず、あっさり蹴られました・・・。スポーツ同士の垣根が高く、融通出来ないところも松本の嘆かわしいスポーツ文化の貧弱性を感じてしまうところです・・・。
コメントありがとうございます。 (hinkhiro@管理人)
2008-02-08 18:02:18
 一般の体育館でフットボールの練習をさせてもらえていることにも『もっと感謝』をあえてしなければならないのかな・・・。
 現状以上のことを開拓しようと努力されている小林コーチの取り組みにはかないませんが、今の枠組みの中でまだまだできることはないのかを追求することは、子どもたちにとって自分の可能性をさらに引き出すメンタルスキルにつながるかなぁなんて思います。
 中学生ですから、どうせならボールに触りたいし「昨日も今日も明日も雪かきだよ」なんて思ってしまうのは仕方ないですが、禅のごとく自分と向き合い、一かき一押し毎回の動作に、全身の筋力バランスを工夫しながら雪かきしている子は、基礎体力や精神面で成長していくでしょう。
(まあ、『やらされるのではなく自ら目的を持ってやる』オープンスキルを大目標としても、その前にとりあえず雪かきドリルのクローズドスキルで除雪の手順と技術を身につけ、我々親が年老いたときに助けてくれるといいなぁなんてことも思っちゃったりしますが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。