ひねもす庵

旅・島・祭・巨木・本・音楽

地球遺産巨樹バオバブ

2006-03-11 00:26:04 | 巨木
先日見かけた、ためしてガッテンのトレーナーの人たち。
何してるんかなーと思ってたら、昨日の糖尿病対策の回で登場してましたわ。

---

「地球遺産巨樹バオバブ」吉田繁写真、講談社、2005年12月。

先日NHKの番組を見てから、また巨樹を見に行きたくなりました。

いつかはマダガスカルのバオバブを見に行きたい、というのがわたしの夢です。
さかさまの木とも言われ、てっぺんの根っこのような枝を天に向かって伸ばすバオバブ。
幹は奇妙な形に捻じ曲がったり、ずんぐりむっくりだったりなんとも愛らしい。

この写真集は、8種類あるというマダガスカルや、オーストラリアの、
魅力的なバオバブ満載で本当に素晴らしい。
今にもこちらに語りかけてきそうだし、
夜中には50cmくらいこっそり移動してそうです。

地球遺産巨樹バオバブ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤンキーマスク | トップ | 那須山麓牛乳バニラプリン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
魔境・和賀山塊の主と会う (森の語り部たちBLOG)
白岩岳のブナ 樹齢600年 ブナ科ブナ 秋田県仙北市  魔境・和賀山塊に森の主がいるという。  険しい尾根に道はなく、和賀山塊の急峻な地形は、人が立ち入ることを拒み続けるかのようだ。  深い雪の中でゆっくりと時を積み重ねてきた深い森に鎮座し ...