えくせるの何事じゃ日記

何か出来事があったら書いていこうと思います。

ショーが展開されるハプバーに行ってみたら楽しかった

2017-03-07 17:08:19 | ハプニングバー
いやー、楽しいもんだね、ハプバーって。
実はね、自分はかなり前に一度行ったことがあったんだけど、今回のとは様子が全然違った。前回行った時は、店内で男の人がパンツ一丁になって女王様に叩かれたりローソク垂らされたりしてるのを見てるようなところだったのね。手を挙げれば自分も裸になってそういう体験ができるというお店だったんだけど、自分はしなかったですよ(笑)

盛り上がるんだよね、それはそれで。客もワイワイやってて、パンツ一丁の男の人が女王様に叩かれて、そのたびに声を出して、そのたびに客が湧き上がるの。みんな趣味悪いなーなんて思ってはいたんだけど、そのちょっと異常とも言える世界を俯瞰してみると、それはそれで面白いなと思った記憶があった。
そのパンツ一丁の男の人ってのも客ですからね?

今回行ったハプバーは、そういうお店とは様相が違った。結構しっかりめの舞台が店内には用意されていて、そこに際どい衣装を着た女性たちが登場して、踊るんだよね。ショーだよ、ショー。
照明もすごかった。色とりどりの照明がキラキラして、それを見てるこっちはチカチカしちゃってるんだけど(笑)、そんな中でたまにライトが当たったり、たまに影になったりしながら、その舞台の上で女性が踊る踊る。
踊りながらムチで叩かれたり叩いたり、ハイヒールで踏んづけたり踏んづけられたり、猿ぐつわっていうの?そういうのをつけられた女性もいたりして。

ショーとしての完成度はとても高かった。女性たちの連携も取れていたし、ただ動いているんじゃなくて、しっかりと練習されている感じがして、普通にショーとして楽しめました。

そんなショーをお酒を飲みながら鑑賞できたのが、このハプバー。なんかね、別にこういう趣味を持ってなくても楽しめるんじゃないかなって思うような場所だった。
ほら、ノンケの人でもゲイバーとかオカマバーとか行ったりすることってあるじゃないですか。普通にそういう人たちとおしゃべりしてお酒飲んで楽しむことができるお店。ああいう感じですよ。言い方が正しいかはわからないけど、比較的上品さを感じることができた。

ショーが一段落すれば、それに参加していた女性たちが接客もしてくれる。そこで色々とその世界のことを聞いたりもできる。こういう交流ができるのもいいね。
探してみたら、もしかしたらまた全然違うタイプのハプバーもあるんだろうなと思って、俄然興味が出てきてしまった。どんな人にも自分の趣味にマッチしたお店があるんじゃないかな?と思って探してみると楽しいと思いますよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大学を中退した女の子と割り... | トップ | シングルマザーは簡単に割り... »

コメントを投稿

ハプニングバー」カテゴリの最新記事