日向木曜♪のそのそ日記

ピアノのレッスン日記。momokoDOLLや猫の写真。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドビュッシー/月の光、ショパン/ノクターン13、ノクターン遺作、即興

2016-09-18 01:09:25 | 趣味のピアノ
ドビュッシー/月の光

🎵「そうですね〜…今のでもいいのですが…もうちょっと、遅く?でもいいかなぁと」
🐌「あまり遅くしたくないです、踊ってるイメージあるので」
🎵「う〜ん…そうですね、なんていうか、速いとか遅いとかだけでなく、遊び、もっと揺れが欲しいんですね…………それじゃ……この曲の出だし、ひなたさんにはどんなイメージですか?」

そう聞かれると、わたしの頭の中には一枚の絵があるんだけれども……

🐌「やわらかい紫の空に蛍光黄色と黄緑と灰色が混じっていて…なんかテラスみたいなとこで、ふわ〜っとして、明るい…」
🎵「んんん、わかりますわかります!………出だしの音をちょっと、お願いします…」

出だしのとこはD♭の3度と5度音の三度和音。これがオクターブ跳躍してる。
その歌う感じを深掘りする。

フレーズ感を大事に
揺れるところ、畳み掛けるところ。上がっていくところはテンポよく。
中間部、三拍めをふわりとあげるというか、回すというか。
指番号、自然に指を持っていけるところへ。
ソフトペダルの響きに注意。

🐌「この曲は明るいですよね。前奏曲とかはけっこう陰気なの平気で書いてるくせに、この曲は明るい」
🎵「そうですね。そういう綺麗さを、響きを、味わいながら弾いていただけると、自然な揺れになっていくはずだと思います」




ショパン/ノクターン13


後半、再現部
左、ゆるやかに指をはこぶ、無理しない、そうすれば音もやわらかくなる。
右、中声ごくやわらかく、連打になるところは力を入れないように。
上を歌って。




ショパン/ノクターン遺作


遅く。ほんとうに遅く。
AdagioのあとのGはまだAdagioのなかにある。
35連符を、余裕を持って弾けるくらいの遅さで。


🐌「すみません……なんか、一週間経つ間に、自然に速くなっちゃったみたいで」
🎵「この最後のところで急に遅くなった感じがしちゃうとまずいんですよね。だからといって速く入れればいいかというと、そうでもない」
🐌「ですよねー」
🎵「ところで、発表会の曲は…少し絞れましたか?」
🐌「うーん……13か、月の光か、どっちかだな」
🎵「そうですか」
🐌「ちょっと遺作はきつい。譜読みは一番簡単だし、覚えるの楽そうだしいいかなと思ったんだけど、遅く弾くの難しい」
🎵「それは、まだこういう曲慣れてないからですねー」
🐌「ていうか眠い」
🎵「寝ちゃいますか」
🐌「まず最初に自分が癒されちゃう。いま何拍めだかわかんなくなる」
🎵「そうですか」
🐌「なんていうかこの曲の内容に見合うような内面をあたしは持っていないから、人前で弾くの恥ずかしい。演じきるアレもないし。こんな高尚な曲弾けるような人格じゃない」
🎵「いや、誰にでも合わないものはありますよ」
🐌「ゆっくり弾いてスカスカすぎると怖い。まだ、ぎっしり音詰まってるほうが、仕事してる気がして気が楽」

遅く、遅〜〜〜〜〜く弾いてると、さっきまで何考えて弾いてたんだか、忘れちゃうんだよねえ。

たしかに気持ちを曲に沿わせれば不可能ではないんだけど、そうすると確実に鬱になるから、しんどい。辛い。泣きそう。なんでがんばって色々やって弾いてるのにこんな泣きそうな気分にならなきゃいけないの。

テクニックで解決できるほどの能力はないし、気持ちで解決できるほどの胆力はないし。

腹立たしい。

くそっ、ショパンめ。いい曲作りやがって。
生まれ変わったら、発表会で弾いてみますから、勘弁してください。

13番にはそういう、変な苦しさはない。ていうか、テクニックがもう苦しいから、そこまで悩めるレベルに達してない。
わかりやすい障壁と向き合う方が、どこが悪いんだかわからない障壁と向き合うよりなんぼかマシだ。

🐌「ちょっと遺作はやめときます。三曲も持ってんのキツイし」
🎵「二曲をどうしようかって、ギリギリまでやるのはいいですよ…ていうか、いつもそうですもんねえ」
🐌「あ…まあ、直前までいつも何曲か見ていただいてますね」
🎵「いいですよほんとうに。好きなもの弾いていただいて」


そう言われると…迷うよね。



即興

🎵「いいんですよ…でもなんだかぐるぐるする気がするんです」
🐌「ぐるぐる」
🎵「これ和声進行こないだ作っていただいたのと同じですよね…なんでだろう………メロディかな」
🐌「そうかも。上がって下がって、の似たような音型がぐるぐる感を……メリーゴーランド、それもチープな移動遊園地の一巻きしかないボロいメリーゴーランドから降りられないみたいな曲になっちゃったんだと思います」
🎵「笑……いえ、(笑)なにもそこまでは」
🐌「こんなんだから遺作もうまく弾けないんだと思います。なんかもう、お笑いコントのBGMみたいな曲ばっかできちゃってすみません」
🎵「…最近は、短調のほうが素直にできていて、綺麗ですよね。長調は得意な分、いろいろ詰め込んじゃった感がありますね」
🐌「なんかあっちもこっちもいいかなって結局選べなくって、二曲混ざったようなのができちゃう」
🎵「選択の幅があるわけですよね」
🐌「そこいくと短調は、ここしか歩けないじゃーんってとこを歩いてるだけだから」
🎵「それが素直にできているので良いと思います……なので次のテーマは、長調のしっぽはきめないで、短調のほうは限定したかたちにしてみます」

来週までのあれやこれやを相談。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショパン/ノクターン13、ノク... | トップ | ドールショウ47行ってきました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

趣味のピアノ」カテゴリの最新記事