ハモニコ文庫

しずかに、のんびり

さくら、揺れる

2017-04-20 00:49:16 | groundにて
試合が始まりました


アナウンス席には
チームからふたりづつ

マイクのスイッチをoffにして
つい、おしゃべり


相手のピッチャー・・
たぶんエースじゃないね

うん
油断されてる・・

うん
ほんとうの超人くんたちは
3人くらい、
上の学年の大会へ行ってるらしいよ

そうなの〜?
でも・・
出てるよね

ピッチャーは
違うかもしれないけど
クリーンナップの打順3.4.5番は
かなり、違うよね
キレとか、振りとか、大きいのにスピードが!

でも、背番号が・・

背番号20番代は
たいてい、上の学年にも登録している選手と思うよ

あ、打たれた!
・・ああーファール
よかったあ



だれもが、負けると思っている試合です

でも、こちらのピッチャー・・
1回から、飛ばしてる
投球が、全力超えてます

速球、ストライク
速球、大きなファール

ああ・・
おなかいたい

いつだったか
「ピッチングマシーンみたいに
打ちやすいぞ」
と、どこかのチームに言われたこともあり

また速球、またファール

当たると
大きく飛ばされてしまうのです・・

去年までは
(にっこり)

カーブ、空振りっ
三振!

うわー!
湧きました

これで、3、4、5番打者は
連続三振・・

バックネット裏のアナウンス席から
真正面の投球を見ていたら
小さな頃の、ピッチング練習を
思い出しました

おかあさんは
グローブをかまえて、ひざまずいて
あなたの球を、捕っていたけども

こんなんなってたんだね・・

曲がってる・・
くるくるしてるし、

まだまだ未熟な変化球は
へそ曲がりで
ワンバンして、キャッチャーを困らせる

でも、鉄壁のキャッチャーは
脚に当てても
後ろに逸らさない

すごいひとなのです

ほんとうは、彼もピッチャーをしたいんだと思う
学童では、ずっとピッチャーだったのだ

そして、きっと下の子よりも
すごいピッチャーになったと思う
身体が大きいし

でも、キャッチャーがあまりいないチーム事情で
いつもミットをかまえてくれてる

それを忘れないでね

と、下の子に、念を送る・・


そんなキャッチャーの
強気のリードが、功を奏して

4回まで、無失点

相手の守備は
もちろんよいので

0-0のまま
5回を迎えます


つづく






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トワさんの職場に | トップ | fog »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。