ハモニコ文庫

しずかに、のんびり

おひなさまの、泣きごと

2017-07-11 13:25:06 | 絵と図工の時間

はじめての
陶のおひなさま
できあがりました

はずかしながら、工房展に・・
並んでおります



ふたりならんで
にやり顔

・・ではなく

なあに?



「わたしね、もっとなめらかで
しずかなつやがよかったのです・・
目もこんな眠たげでなく・・
つまり、不本意ないでたちで
みなさまに見ていただくのが・・
たまらなく・・はずかしいのです・・」

わかるよ・・
今回は、力不足でごめんね

でも、いいの、ありのままで
胸をはって(はずかしいとおもうけど)
見ていただいてね
ファイト!


なあに?



「拙者も、もっと、きりり、と強そな・・
この服の、きのこだか苺だかわからぬ女っぽいアップリケでなく・・」

それは
次回も変わりません




欠点が多くても
いとおしくおもうのは、なぜかしら・・

いろいろなかたに
見ていただいて
メンタルを鍛えてね

(じぶんに言う)


森魚工房展
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« てくてく 信濃町・大細密画展 | トップ | 風は »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。