日向で雪遊び

〝日向で雪遊び〟にようこそ。
管理人のユキギリです。

テラネッツのWTRPGや、レビューとかがメインになります。

こどものじかん 第7話 「りんかんがっこう」

2007-11-25 00:29:47 | こどものじかん(終了)
出だしから規制…っ!? おかしいですよ! カテジナさん!!

いやはや、毎度毎度よく規制の入るアニメだ。


さて、林間学校です。でも、そのことを考えて青木先生、憂鬱気。
「楽しい? 楽しいどころか恐怖ですよ。教室の中ですら制御できないガキの集団を、公共の場に連れ出すなんて・・・しかも、泊まりで!? 今から修羅場が目に浮かぶ・・・」

普段、振り回されまくりですしね。
そんな青木先生にボイン・・・でなく、宝院先生からアドバイス。
「走らせ、登らせ、疲れさせる!! 夜はぐったりして、騒ぐ気力もなくなってます!!」

うぉい!? いいんかい、それでwww
しかし先生の視点からですと、こんな感じなんですかね。いや、教師って大変だ・・・。




電車の中でがやがやざわざわ。林間の交通手段は電車の様ですね。
う~む、林間てバスじゃないのか・・・。大人数での電車は大変ですぜ。

「この人、痴漢で~す♪」
子供たちの制御で神経を擦り減らしてる先生に、くろちゃんが攻撃!! これは焦るって(汗)
必死に弁解する青木先生。そんな中、一般の人からクレームがちらほら。
それを聞いて(自分もあっち側だったらガキうぜーって思ってたんだろうな)と思案するのでした。
実際、電車でそういうのにあったら、うるさく思いますからね。




さて、どうにかこうにか目的地の駅に到着。
それでは、山登りにいざ出発!

登ってる途中、りん、くろ、みみの三人が小川に夢中。都会っ子なんで嬉しいんでしょうね。
そのとき、最後尾から青木先生が。早く行けと注文を付けると、くろがこれに反発。
「なによ! (ウグイスがホケキョ)のくせして偉そうに!! べーっだ!!」

内心、むかっ腹を立てる先生。それにりんちゃんが抱きつき、
「大丈夫。りんが先生の(トンビが来ました)」

規制の中の言葉は脳内で変換くださいませ♪(オイ)
う~ん、でも,そんな問題台詞かなぁ、これ。


そんなこんなでどうにか足を進めさせるも、ここで12時を知らせる時報が! 予定ではお昼の時間!!
それに気づくと、みみを抱え、途中でくろも巻き込み、目的地にダッシュ。
息を切らせて到着したころには、更にもう一人オプション付き(爆)

子供で女子とは言え、三人抱えて山道を疾走・・・すげぇよ、先生。


無事に昼食を済ませた後、バンガロー前で管理人さんにご挨拶。その管理人さんから、荷物が届いていたといわれ、先生首かしげ。
しかし、その荷物、旅行ケース2つって何さ(爆)

この犯人はくろでした。
「こっちがネグリジェとベビードールでしょ? お風呂上りのアロマオイルにベビーローション。
電動歯ブラシとネイルクリーナー。お休みのお供には、ブラックドンキーのノワールフェレット」

どんだけだよ。

先生、余りのことにものっすげぇ遠い目発動
「・・・速やかに送り返してください」
いやぁ、教師って大変ですね・・・(苦笑(ねぇよ))



夜も更け、先生、それぞれのバンガローの見回り中。
「枕投げ禁止!!」 
「怪談禁止!!」 
「エロ本禁止!!」 
「サバト禁止!!」


エロ本とサバトで吹いた。
いや、サバトはないってw

見回りの最後はりんたちのバンガロー。 ・・・そりゃ気も重くなるわ。
中に目をやると真っ暗でご執心の模様。安心して戻ろうとするが、そうは問屋が卸さない。
ロープを足に引っ掛け、くろが先生を捕獲!! 獲ったどー!!

どうも枕が変わると寝られない模様。送り返されたケースに枕が入っていたとか。
「責任取れーーー!!」ということで、側で子守唄を要求。
全然寝れなさそう・・・に見えて、ころりと寝てしまいました。お疲れだからか?(ぉ)

先生、疲れて自分のバンガローに帰ると、ここでトラップ。志村ー! うしろ、うしろ!!
そこには、自分のベッドで待ち伏せしてるりんちゃんが。 ・・・凄いね、小学生(ぁぁ)

そんなまずいタイミング時に宝院先生いらっしゃ~い。慌てて外に出て、どうにかごまかし。宝院先生は少し話をしたら帰って行きました。
でも、普通に子供が入ってきたと言えばいい気がしないでもない(ぉ)

一方、木に身体を預け、心落ち着かずな宝院先生。
「それにしても、部屋に入れてもくれないなんてなぁ・・・あっ、健全な林間学校で私はぁ~~~~~~~~~っ!!?!?」
以上、「おとなのじかん」でした(ぉ)

しかし、子供がやたらませてる分、こういう女性チックなとこがやたら可愛いく映りますね。
変な話ですが、子供が大人で、大人が子供というか・・・。
何はともあれ、頑張れ、宝院先生♪




翌朝、夜通し説得して寝不足模様。オリエンテーリングもそこそこに、お昼寝タイム。
「散々な林間学校・・・でも、もし会社勤めをしていたら、こんな時間、こんなところで昼寝なんてできないよな・・・」
横たわる先生に、いつの間にかりんちゃんが膝枕。そして、友達の日傘をさして二人を隠すのでした。



前回みたいな重い話も面白いのですが、こういう話のほうが好きですね。
原作同様、アニメのこじかも楽しんでみてます。このまま頑張ってほしいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バンブーブレード 第8話 「... | トップ | バンブーブレード 第9話 「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「こどものじかん」7話 (さすらい旅日記)
第7話『りんかんがっこう』。 今週は、前回シリアスだった分を取り戻す勢いで 普段の倍近い勢いで規制連発のドタバタ回でした(苦笑)。 絵よりも声の規制の方が多かったので、内...
こどものじかん 第07話 「りんかんがっこう」 (アニメって本当に面白いですね。)
こどものじかん   お勧め度:お勧めしない   [エロ]   KBS京都 : 10/11 25:30~   チバテレビ : 10/12 26:55~   テレ玉:放送中止   三重テレビ : 放送中止   原作 : 私屋カヲル   監督 : 菅沼栄治   シリーズ構成 : 岡田麿里   キャラ...
こどものじかん 第07話 「りんかんがっこう」観賞~^^ (まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~)
先週の余韻まったくなし/(^O^)\ 第7話を観賞しました~^^
こどものじかん 第7話 (パズライズ日記)
今回は青木がもし教師になってなかったらと考えるお話。 そんなこと考える人はサラリーマンになってたらなってたで悩み多き人になるのは間違いないです。 ということで、林間学校でりん達に振り回されるのは御苦労様でした(笑)。 林間学校は3年生が行くというのは...
こどものじかん #7「りんかんがっこう」 (ラピスラズリに願いを)
健全な輪か・゜・(Д`(⊂(゜Д゜ つ⌒ 個人的に林間学校ってあまりいい思い出がないような・・・テントで寝るって微妙にきつかったw ではこじか感想です。 こどものじかん 1科...
こどものじかん 第7話「りんかんがっこう」 (おもちやさん)
先週とのギャップがまた凄い。いつものテンション復活ですね(笑) そういえばおもちが小学生の頃も林間学校で電車を使った気が。 今でもたまに修学旅行か何かの小学生の集団が電車に乗り込んできたりする時あるけど、
こどものじかん 第7話 「りんかんがっこう」 (SeRa@らくblog)
夏休み最大のイベントりんかんがっこう♪ りんたちは楽しみにしてるが、引率する青木はどうなるのか不安(^^; 宝院は疲れさせれば夜はグッタリ寝ると言うけど… むしろグッタリするのは青木の方な気が(笑) パワフ
(アニメ感想) こどものじかん 第7話 「りんかんがっこう」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
こどものじかん 1科目 1泊2日の林間学校に行く事になり、教室内ですら制御出来ない子供たちを公共の場に連れて行かなくてはならない事に怯える青木。そんな青木に宝院は、「走らせ登らせ疲れさせれば、夜はぐったりして騒ぐ気力も無くなります!」と言うけれど、果たし...
アニメ【こどものじかん】第7話。 (どっかの天魔日記)
『こどものじかん』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、7時間目 『りんかんがっこう』。 ス