日向で雪遊び

〝日向で雪遊び〟にようこそ。
管理人のユキギリです。

テラネッツのWTRPGや、レビューとかがメインになります。

『週刊少年ジャンプ(32)』 感想

2017-07-17 20:37:10 | ジャンプ 感想
●ワンピース
崩落する城。トラップを仕掛けるにせよ、加減というものがあるはずなんですが…。
島で爆発せずに本当によかったというべきか。
マムの一味もこれでおしまいかと思いきや、そこに躍り出たのはシュトロイゼン。
能力で城をケーキに変え、更には輪切りにして被害を最小に抑えました。
ベッジもその能力については知らなかったみたいですね。

とはいえ、場が混乱したおかげで逃走に成功。
その上で、ルフィたちとはここでお別れ。
ベッジの部下たちはあいさつしたそうでしたが、時間をかけるわけにもいきませんか。
でも、看板の設置はせこいぞファーザー。

そのころ、当然マム達も追撃部隊を編成。
討伐に向かう準備ができ行動開始・・・と思いきや・・・。
ここにきてマムの喰い煩いが発症。

かつて、誕生日で取った行動がここで明かされるんでしょうか?
実際のところ、マムが何をしたのかぼかされてましたし、気になるところです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『週刊少年ジャンプ(31)』... | トップ | 【注意書きです★】ずっとトップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL