ひなたぱん

天然酵母ぱんと過ごす、のんびり日々の記録です

変わらないよ。  ・・・・です。

2017年03月06日 | 日記
2017年3月6日   月曜日


伊豆に住んでおられるパン友ドンから、 美味しい物が届きました。 毎年 送ってくださる、 めちゃめちゃ美味の 「 はるみ 」。 



私よりも 少し 人生の先輩のパン友ドンとは、 町田のピッコリーノ、 基礎クラス、 本科、 研究科、 全てで ご一緒させて頂きました。

もう、 15年も前の 話しかなぁー・・・。

私達は、 「 もう夢中。 無我夢中。 」 って言う感じで、 ぱん焼きに取り組みました。

ピッコリーノに通う面々は、 皆さん、 完全 「 ぱんお宅。 」 ばかりで、 お世辞でも 「 おしゃれで、きれい。 」 とは言えない環境で、

時々、 真剣に叱ってくださる伊藤先生の、 一挙一堂に目を凝らしながら、 「 得られる知識は、 漏らさず 得たい。 」 って感じの、

「 主婦の習い事 」 の台詞では 片付けられない程の 真剣なノリで、 オーヴンも、 ホイロも、 お教室の業務用の物を使っての学びの時でした。

「 南部小麦の 白生地ぱんが、 一番 美味しい。 」 けれど、 「 シンプル故に、 最も 難しい。 」 を合言葉に、 とことん白生地に向き合い、

お教室の度に、 製造経過報告と 焼いたぱんを持参し、 先生に講評を頂き、 お教室の仲間みんなで それを学びにし合っていました。

物事を突き詰める難しさと同時に、 突き詰める楽しさ、 同じ目標に進んで行こうとしている仲間意識、 色々な物がごちゃ混ぜになった、 不思議で 素敵な時間でした。

メールで、 何度 「 撃沈やぁー。 」 の台詞が行き交い、 何度 「 自分の手の内。 奥の手。 打開策。 」 を教え合った事でしょう。

あの頃から 私は、 相も変わらず、 「 ダメなのよぉ。 自信がないのよぉー。 」 って呟き、 その度に、 少し人生の先輩のパン友ドンは、

「 大丈夫。 大丈夫。 ひなたさんのぱんは、 美味しいよ。 」 って背中を押してくれて、  「 力 」 と 「 勇気 」 をくれました。


昨日のお礼の電話でも、 

「 ブログ、 いつも読んでいるから、 ひなたさんの事 いっぱい解っているし、 やっと 立ちあがったな。 って思って・・・。 応援しているよ。 」

って、 15年前と同じ様に、 そーっと 私の背中を押してくれて、 あの時と変わらず、 「 力 」 と 「 勇気 」 をくれました。



今までに、 沢山の方達との出会いがありました。


「 そっと 背中を押して下さる方 」 と、 「 どん。 って、頭を押さえつける方 」 両方の人達が居ました。


私は、 どちらかと言うと・・・。   悲しいかな 後者のタイプ。 

そうして、 「 きっとそれは、 自分に自信が無いから そうなっちゃうんだろうなぁー。 」 って処までは、 やっと この頃、 解る様になって来ました。
 

いつの日か、 「 そーっと、 人の背中を押してあげて、 力  と  勇気  を 伝えられるような 強い人になりたい。 」 と、 この歳になっても思うのです。

いつも私の背中を押して 勇気 をくれていた父や、 パン友ドンを思いながら、 南部小麦で、 お礼のぱんを焼きました。

  


入院されているお母さまも一緒に食べられる様に、 栄養満タンのミルクロールの桜あんぱん。


今日も、 あの時と同じ様に、 キャンブロの中の生地は、 ぷわん。 ぷわん。 だよ・・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« へ、へ、へ、へ。  ・・・... | トップ | やはり、 ダメかも。  ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。