ひなたぱん

天然酵母ぱんと過ごす、のんびり日々の記録です

黒ひなた。   ・・・です。

2017年02月23日 | 酵母ぱん
2017年2月23日   木曜日


今日は、 東京で次女と遊んで、 夕食は 主人も含め、 三人での 「 お楽しみ会 」 。

新幹線の時間まで 少しあるので、 時間つぶしに、 ちょいと更新。


一昨日は、 六本木のパン教室で、 ぱんの学びでした。

私の参加するクラスは、 「 セミプロクラス 」。

セミプロ・・・・。

「 完全な素人でも無ければ、 完全なプロでも無く。 」  の、 微妙な面々が、 

「 歩いて来ました。 」 ってなご近所さんから、 「 飛行機で来ます。 」 「 新幹線で来ます。 」 から、 「 在来線ですが、 遠方です。 」 な方々の、

「 お教室を開催してます。 」  から、 「 趣味なので・・・。 」 の方から、 「 カフェのメニューにしたくて。 」 のお商売の方から、

「 普段は、 イーストでのぱんを作ります。 」 の方から、 「 自家製酵母中心のぱん作りで・・。 」 な方から、

どこのお教室もそうでしょうけど、 ご多聞にもれずの、 多種多様なバックボーンの面々が、 多種多様の考えの下、 

「 完全な素人でも無ければ、 完全なプロでも無く。 」  の面々が集います。

その中でも、 特に 田舎のおばちゃん + 偏屈な性格 の私は、 KYさながらの、 浮いた、 居心地の悪さにはまり込みます。


お教室では、 自然発酵種のルヴァン種と  & 少量の 生イースト を使用してパンのレシピを学びます。

私は、 ドライでも 生でも、 イースト臭が大の苦手なので、 自然発酵種ルヴァンの学びで通い始めました。

ですので、 学んだ物 + 沢山の本 + 色々なお教室での学び + 柔軟な考えのパン作り好き先生からの 小声のアドバイスで得た色々な情報 等を駆使し、

「 イーストを使用せずに、 ぱんを焼く 」  事に取り組んでいます。

それが 正解か 間違えかはわかりませんが、 ルヴァン種のみでも、 お教室と同じ使用料でも、 充分 ぱんは焼けますし、

私は、 それを 「 美味しい。 」  とも思います。

今は、 自分の形が出来上がってはいますが、 試行錯誤中に取り組んだ 「 THE BREDATH Of BREADS 」 の本を基に取り組んだ時に出来たルヴァン種は、

何とも言えなく 素晴らしい芳香でした。 ← 只、 手間が掛かり過ぎて、 今は 自分の方法に変えてしまいましたが・・・。


六本木のお教室で、 「 ルヴァン種は、 風味付けだけだから、 イーストなくちゃ ぱんは焼けないわよね。 」 とか、

「 このお教室のレシピが、 サイコー良い物です。 」 とか、

「 イーストが 苦手って、 イーストが悪い物だって言う認識は 間違ったものなんですよね。 」 とか、

「 イーストを微量で使用すると、 利点だらけです。 」 とか、

「 イースト微量使用だと、 粉の香りも生きるって、 志賀シェフも仰っていました。 」 とか、

「 結局は、 ホシノ酵母も イーストなんだよね。 」 等々、 色々な意見が飛び交うと、 黒ひなた がムクムクと活動を始めて、

「 あたしゃ、 イースト臭が 苦手なんです。 あの臭いが、 自分の大好きな小さなぱん小屋に充満するのが 嫌なんです。 」
と、 呟いてしまいます。


事の起こりは、「 私、 イースト臭が苦手で、 イースト無しで このお教室のパンを焼いちゃうんですよね。 」 って 呟いたのがきっかけでしたが・・・。


完全。 今も、 黒ひなた。  です。

きっと、 自分のぱん焼きを自慢して、 認めて欲しい自分が居るんだろうなぁー。

何度も、 何度も、 呟いて居る自分が居ました。   「 ルヴァン種だけで、 ぱん焼けるし。 」 



結局・・・。

「 このお教室は、 このレシピで、 他の物を作りたかったら、 他のお教室に行ってください。 」 って言う先生の台詞が全てを表します。


柔軟性のある ぱんへの取り組み。  信じる物が無いと 人は進めないから、 「 みんな 自分のが一番 」 ってココロで進むんだろうなぁー。

ってか、 自分が一番。  黒ひなた。  だし。


自分は、 自分さ。 

自分の ココロに耳を向けて。

自分で 立たなきゃ。   ですね。


一昨日のパン

    
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相変わらず、 不思議。 で... | トップ | ワタワタ、 うかうかしなが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。