ひなたぱん

天然酵母ぱんと過ごす、のんびり日々の記録です

娘と母親の境界線。  ・・・です。

2017年06月27日 | 日記
2017年6月28日   水曜日


何だか ココロが わさわさする事が有って、 ブログの更新も、 苦手なインスタグラムも全く更新できずに居ました。

インスタグラムは 相変わらず苦手で、 もう 「 完全に お手上げ状態。 」 です。

何でもない日の 木曜日 ぱん屋さんの日 を始めて、 少しでもプラスになる様に取り組みましたが、

展開の速さに、 一人で取り組む私には、 お返事をする時間も、 更新する時間も出来ず、

頂いたコメントに 何日も過ぎた時に気付く。 何て 日常茶飯事で、 優しいお言葉に失礼ばかりする事が ココロ辛く、

「 見ない。 触れない。  」 の、 逃げの一手を決め込んでいます。

ってか、 逃げたくなくても、 一人で取り組む私には、 全く 余裕が無く、 絶えず、 ジタバタ。 ジタバタ。 の連続。

おまけに、 私に瓜二つの次女が、 私のココロを 「 わさわさ。 」 させてくれるので、
ジタバタ × 2 の感じで・・・。


「 母子同一 」 私の子育ては、 いつも、 この言葉で言い表される物でした。

若い頃 本当に 貧しく、 なのに 主人は、 「 自分で立つ。 」 生き方をする人だったので、

実家にも頼らず、 夫婦二人で、 貧しさと、 子育てに向き合っている日々でした。

コンピューターのシステムの設計をする主人は、 いつも 仕事に追われ、

私は 実家も遠く、 長男の主人の出身地の群馬に戻っても、 主人の両親の下には、 いつも 主人の妹や姉が来ていて、

私は、 「 自分で立つ。 」 生き方をする主人との日々しかありませんでした。

新幹線で東京に通う ほとんど帰っても来ない主人と、 誰も知る人のいない場所と、娘達との日々。

絵に描いた様な、 最低、 最悪な 母親化した私に、 優しさと しあわせをくれたのは、 娘達。 でした。

「 頑張れ。 頑張れ。 」 って言う、 お尻ばかり叩く母親に、 精一杯 答える努力をしてくれた娘達。

いつしか 娘たちの出す結果は、 「 私の結果。 」 ってな、 おかしな ココロモチの自分が居ました。


娘達が 学校や 就職で出て行ってしまった時、 一番狼狽えたのは、 私。 でした。

「 何で、 私は 子供たちと生きれないんだ。 」 と、 狼狽える私に、 主人は 只々、

「 自立しなさい。 」 と言い続けました。

それは とても辛い事でしたが、 それが とても正しく、 必要な事である事も、 父が亡くなって、 気付きました。




中学生の時から 「 獣医さんになる。 」 って宣言し、 努力していた次女が、 獣医師から 研究員になりました。

中学の時から、 努力し、 勉強し、 頑張ってきた娘が、 獣医師になった時の 希望に満ちた、 活き活きとした姿。

一年後には、 「 獣医師は、 向かない。 」 って 言い出した娘。

かかりつけの獣医さんにお話しすると、 先生も、

「 僕も、 独立するまでは、 奴隷。 でした。 」 の お返事。

これって、 何だろう・・・。


都会は、 小動物対象の 動物病院は、 飽和状態。 です。

その中で 生き残る動物病院になる為には、 「 人を育てる 」 道では無く、 「 生き残る 」 道である事。

社会に出せば、 母親 の出る幕はありません。

後は、 「 社会が、 その人を育てる。 」  しかありません。


娘の、 「 獣医さんになる。 」 の 努力も、 時間も、 全て、 形が変わりました。

「 研究員の方が、 向いてるし・・・。 」 って、 本人は、 至って元気なのに、

なぜだか、 めちゃめちゃ凹んでいる私が居ます。

きっと、 娘の努力や、 娘の過ごした時間や、 時や、 思いや、 夢や、 希望や、 活き活きした姿や、

全ての物が、 私のココロに残っているからだと思います。


私は、 大人として、 若い人たちを きちんと 育てる事が出来るでしょうか・・・。

私は、 大人として、 若い人たちの夢を守る事の出来る 大人でしょうか・・・。


自分を 見つめて、 ココロが、 わさわさ。 する 自分が居ます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢。 の 先の話し。 ・・... | トップ | し、 失礼いたしました。 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。