休息場

自由気ままに。

no title

2016-10-13 | 短編
僕は暗闇を走っていた。

走っても走っても出口どころか光さえ見えない。

段々と息が荒くなる。目が乾燥して涙が出てきそうだ。横腹が痛い。

いつまで走り続けなければいけないんだろう。


あれ、僕なんで走ってるんだろう。


あれ、ここどこだろう



僕、名前、何だったかな。



もう何にも覚えてないや
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« no title | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。