しらたま日和

のんびりな毎日と
我が家ペースの山遊び

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秋の雨飾山 ~紅葉と青空、そして泥濘~

2016-10-25 | 上信越の山
*2016.10.07(Fri)*

主人の夏休みがあと2日残っていたので、のんびりどこかに行きたい~!
しかし・・今イチお天気がハッキリしませんね
雨曇マークが多いなか、唯一金曜日だけ晴れマークが付いてます。
行くしかないでしょ!

ずっと行きたいと思っていた紅葉の雨飾山
雨飾荘さんの先週のブログに来週末あたりが見ごろになってきそうですと書いてありました。
岩場と梯子が続くらしいのでちょっと心配はあるけれど、それ以上にワクワクする気持ちの方が大きい。


前夜0時到着時点で10台ほど、みなさん早いですね。
満点の星空を堪能し、珍しく熟睡です。



5時30分の駐車場
奥の建物に小さな休憩所とトイレがあります。
和式水洗、
トレペあり
夜でも電気がついているので安心ですね。

登山ポストもこちら。
下山後、靴を洗うための水道もありましたよ。




6時には満車です。

狭いからかな、真ん中に止める方はおらず、みなさん引き返して路肩や第二駐車場に止めていたようです。
その他、お宿の送迎で来られる方も沢山いて登山口は大賑わいです。
平日なのにね・・すごい・・




右の建物は雨飾高原キャンプ場の管理棟。
こちらは本格的なキャンプ場と登山者用サイトに分かれているようです。
駐車場のすぐお隣が登山者用、この日は5張ほどあったかな。





トイレのある建物のとなりが登山口
6時05分 出発します。




歩き始めは下りです。
しばらくすると木道が出てきますが、これが滑る(汗)




400mごとに11番まで
わかりやすくて良いね。




ここから本格的な登山道です
頑張って行きましょ。

CTで2時間ほど先の荒菅沢から急登が始まると聞いていたけれど
私にはここからすでに急登です(汗)




ブナの木に立派なキノコが沢山!

すごいね~、美味しそう、何ていうキノコかな?と話していると
『あれは毒だよ、食べたら大変なことになるよ』後ろから来た男性グループの方に教えていただきました。
そういえば、美味しそうに見えるキノコは危ないって聞いた事があるな




色づき始めた森の中を歩きます。

しっかしこの登山道、泥濘がすごいね
粘土質の土と張り巡らされた木の根も滑るし、下りが大変だろうな・・




7時40分 荒菅沢まで来ました。

ザックを下ろして休憩します。
絶好の休憩ポイントなので沢山の方で賑わっていました。

見上げた正面に雨飾山
ここから見ると尖がっているんですね。


20分ほど休憩し、さぁ出発しましょう。
まず、目の前の荒菅沢を渡渉しなくては・・
すごい勢いで流れているけれど、この水量って普通なの?
かなりビビリながら慎重に渡ります(汗)




噂通り、かなりの急登です



急登です②
しかも、ゴロゴロ歩き難い





空が近くなってきた
青空に紅葉が映えますね。








さぁ、ここから岩場の急登です。
何ヶ所かよじ登るところがあったくらいで足場もしっかりしているし気をつけて歩けば大丈夫でした。
ただ、浮石が多いので落とさないように注意しないと。




みなさんのレポを拝見し一番の難関だと思っていた梯子
梯子鎖場恐怖症の私、梯子の横移動なんてした事ないですよ。



下から見ていると怖そうだけれど・・
あれ?結構余裕なの?
ゆっくり慎重に登れば私でも問題なかったです。

何も知らずに来ていたらかなりビビっただろうな
やっぱり予習って大事です。



アサヒビールさん、ありがとうございます
ちなみに麦ジュース、我が家は断然アサヒ派ですよ🎵




ロープもあったけれど使わず登れます。




急登続きだけれど、今日はまだまだ元気。
昨夜、車中泊で初めて!っていうくらい熟睡できたからかな
やっぱり睡眠って大事だね。




岩や梯子のある急登を登りきると、それまでとは全く違った穏やかな風景
雨飾山の頂上に登山者の姿も見えますね



9時15分 笹平

ザックを下ろしてのんびり景色を眺めていたくなるような場所ですが
頂上まで40分と書いてあるので先を急ぎましょう。




小さなアップダウンはあるものの、本当に気持ちの良いトレイル
嬉しくてテンション上がってます(笑)

後ろに、7月に登った火打山が見えていますね。




10番まで来ました
あと400m!




山頂までもう一登り




ここが今日一番の急登ではない?
浮石も多いし滑る。
下山者とのすれ違いにも注意が必要です。




9時50分、 雨飾山登頂です



山頂からは素晴らしい景色が広がっていました

雪倉岳と白馬三山
こちら側から、こんな綺麗な北アルプスを見るのは初めてです。




まさに後立山オールスターズ🎵 +槍




焼山と火打山

こちら側の山はあまりよくわからないんだけれど・・
手前は金山ですかね?




山頂に、登山道整備のための募金箱がありました。
勿論です🎵




歩いてきた道
まさに『乙女の横顔』ですね。




混雑の山頂とみたらし

平日にもかかわらずあまりの人の多さにビックリ。
ランチはお預け、30分ほど景色を楽しみ下山します。


山頂直下の急登、まだまだ沢山の方が登ってこられるのですれ違いに注意しながら慎重に下ります。

と・・私の前を歩いていた方が岩に足を滑らせ6mほど滑落
途中から頭が下を向いた状態で落ちたので心配しましたが、声を掛けるとすぐに立ち上がり返事が帰ってきました。
どうやら頭は打っていないようです。
ちょっと足が痛そうですが大事に至らず良かった・・
登ってこられる方も多い中、たまたま人が途切れたところだったというのも良かった・・

本当に気をつけなければ・・気が引き締まりました。




焼山は活火山なんですよね?
あれは噴煙?


アップにしてみると正に!
凄いな
ちょっと怖い




譲り合いで多少混雑しましたが、無事に岩場梯子ゾーンを下りてきました。




完全に腰が引けてます
やっぱり下りは膝がしんどい・・




向かいの岸壁にカモシカ?発見です。
あんなところを走って登ったり下りたり、本当にすごいよね。カッコいい!




12時05分 荒菅沢まで戻ってきました。






見事なパッチワーク!とは行かず・・



荒菅沢を過ぎてから朝同様、泥濘に足を取られ
泥の着いたブーツで余計に滑る木の根に悪戦苦闘。
粘土質の土にも神経を使いクタクタで 13時45分なんとか無事下山しました。





急登、岩場に梯子続きと聞いていたので私には登れない山だと思っていた雨飾山。
お天気にも恵まれ素晴らしい景色を堪能しながら無事に登頂、
悪路に苦労しながらも無事に下山することが出来ました。
私も少しずつ成長しているのかな(笑)

楽しみにしていた紅葉には少し早かったみたい。
来週末あたりが見頃かもしれません。





下山後はスキーの時にお世話になっている栂池のお宿にお邪魔しました。
オーナー渾身のつゆで頂く手打ちそばは絶品です










『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 鷲羽岳・水晶岳 ~新穂高から... | トップ | FISCHER VACUUM カスタムブーツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

上信越の山」カテゴリの最新記事