しらたま日和

のんびりな毎日と
我が家ペースの山遊び

上高地 ~徳澤園キャンプ場までリハビリハイキング~

2017-06-30 | 北アルプス
*2017.6.09(Fri) - 06.10(Sat)*



相変わらず脚の状態が今イチなのですが
上高地、徳澤なら平坦なハイキングコースだし行けそうじゃない?
晴れマークも並んでいるし、どうせならテント泊で!






沢渡バスターミナル

平日なので空いています。
9時20分のバスで出発。




上高地バスターミナル

こちらも人は少な目
かなりご年配の団体さんが出発の準備をしていました。
みなさんとっても元気です。
どこまで行かれるのかな~
もしかして、わたしよりよっぽど健脚なのかも(汗)




トイレをお借りして 10時20分徳澤に向け歩き始めます。

久しぶりのザックと登山靴
テント泊装備の重さも気にならないくらい嬉しくて仕方ない🎵




少し歩くと、この絶景
前回同様、お天気に恵まれました。




河童橋まで来ると人が多いですね
多分、7割ほどが外国の方。




河童橋の上から 焼岳
歩いてみたいね~と言いながら、なかなかタイミングが合いませんね





こちらは、わたしのようなヘタレには遠い山です
どこから眺めてもカッコよくて、いつかは!いつかは!!って思うけれど

鎖場や梯子が苦手、
何より岩場恐怖症を克服しないと一生憧れだけで終わってしまう・・




前回は小梨経由だったので今回は河童橋を渡り梓川右岸コースを歩きます

しっかり整備された木道が続きます。
というか、木道ばっかり?
う・・苦手、やっぱ土の上を歩きたい
リサーチ不足でした。

わたしのような木道が苦手な方は左岸コースをお勧めします。
でも景色は右岸コースの方が良いかな。








鳥居が見えてきました。

この先には穂高神社の奥宮があります。




 
御朱印とお守りをいただきました。

日本アルプス総鎮守 穂高神社奥宮でいただく『無事かえる守』
なんだかとっても心強いです。



ちなみにこちらが安曇野・穂高神社の御朱印です。

もうひとつ、嶺宮は奥穂高山頂に。
参拝する日は来るのかしら・・(苦笑)





奥宮のすぐそばにある 嘉門次小屋

日本近代登山の父、W・ウェストンの山案内人として知られる上條嘉門次。
現在は彼のひ孫に当たる4代目がご当主だそうです。

こちらでお昼をいただきました。


普段、山歩きの時は宿泊地か下山後にしかアルコールは口にしないのだけれど
まぁ、徳澤までだしね。
チーズの燻製、美味しかったです。



名物、岩魚の塩焼き


ちゃんと囲炉裏で焼いてますよ
ごちそうさまでした。


さぁ、出発です。


明神橋を渡ります


振り返ると 明神岳






明神館を通過。
小梨の花がとてもきれいでした。

しばらく眺望のない森の中を歩き45分後



徳澤園のキャンプ場に到着しました。

のんびり、まったり
やっぱりここのテント場、良いよね!


速攻でテント設営し


乾杯



風が心地よい徳澤園のテラスでいただくビールは最高です。
休日は大混雑なんだろうな。







本日の我が家。

今日は楽ちんコースだったのでDXフライ。
やっぱり前室が広いと良いです。

そしてHelinoxのチェアワンミニ
500gと軽量だけれど、テント泊装備でその500gが大きい・・
なかなか出番がなかったけれど徳澤なら何でもありですね(笑)






翌日、お天気は下り坂
さっさと帰ります。


この景色、昨日撮っておけばよかったな・・



帰りは松本の温泉で汗を流し


大きな骨付きモモ肉の山賊焼き
ごちそうさまでした。





今年初めての山歩き?
平坦なハイキングコースだったけれど
森の中を歩いているだけで嬉しかったし楽しかったな
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今年の訳アリ?サクランボは | トップ | サクランボ、再び! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

北アルプス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。