FOREVER☆SMAP

主に、SMAPの事を自分なりの目線で書いてます。考えは人それぞれ違うから、色々伝えて行きたいです!SMAPだぁいすき

その中に居る。

2017年04月20日 14時12分18秒 | SMAP

私は、この言葉が好き。

木があって
稲があって
森があって
草があって
香(おり)があって
俺はその中に居る。

確か、去年の紅白前の会見でも同じようなことを言ってたんだよね。

きっと、これから始まることを想いながら1人ずつの名前を口にしたであろう中居正広。

あの頃の未来に僕らは立っているのかな

彼の笑顔の裏には、一体どれぐらいの感情が隠れているんだろう。

私達は、それを全部知れているのかな。

名前呼ばれるのが辛かったことも、SMAPを守れなかったって言ったことも、何も知らなかった。

だけど、誰よりも傷ついているような気がした。

それを見せないようにすることにも、彼は力を注いでいた。

ファンや、共演者をいつも想い、最善の方法をちゃんと考え、実行している。

でも去年は、それが出来なかったんだね

考えても考えても、それを実行に移すことが出来なかったんだよね。


SMAPの一番いい形とまわりの人の一番いい形が違ったから。

SMAPと言うことも、自分たちの曲を歌うことも、踊ることも出来なかった。

アイドルとしては致命傷でしょ?

ほかの後輩が特番やら、歌番組やらに出ている中、自分達はテレビの前に居る。

どんな想いだったのか、もはや私達には分からない域。

NHKホールにいないこと、クリスマスに生放送がないこと、お正月の放送が延期になったこと。

そのほかにもたくさん。

中居正広はリーダーとして、一人の男として守りたかったものがあって

それが、勿論SMAPだったんだろうね。

彼は、解散をネタにする。

それを批判する人もいるけど、私はそれが出来る彼を凄いと思う。

週5本のレギュラーを抱えていると、どこにいってもその事に触れられてしまう。

しかもそこが、バラエティーという場所である以上、どうしても笑いに変えなきゃいけない。

どんなに悲しい出来事も、どんなに辛かった出来事も、少しでも笑いに変えなきゃいけない。

今年の初めのめちゃイケを見てて思ったように、そこは容赦のない場所なんだ。

めちゃイケのあの収録は、スマスマラストの2日後だからね。

それも、2016年最後の仕事。

あの中居正広は凄かった。

彼はちゃんと、バラエティーに生きているんだと感じた。

だから、中居正広が笑いに変えることをみんなにわかって欲しいと私は思う。

だって、今までのSMAPもそうしてきたじゃん。

いろんな突如シリーズを、笑いに変えてきたじゃん。

もちろん、今回のことは未だに笑えない人も沢山いる。

私だって、そうだもん。

でも、どこかで区切りをつけなきゃいけないのかなとも思う。

じゃなきゃ、辛すぎて自分自身がもたなくなるとおもうから。

ファンや、共演者がそうなれるように中居くんはわざわざ笑いに変えてくれてるんだと思うよ。

SMAPの今までのやり方と変わっていませんよって、教えてくれてるのかも。

そう思ったら、少し心が軽くなるかな?

大丈夫、きっと帰ってくるからさ。

夜空の向こうには もう明日が待っている

東日本大震災から6年が経ちましたが、復興にはまだまだ皆様の応援が必要です。
詳しくは復興支援財団のホームページをご覧ください。
東日本大震災復興支援財団

そして、この度の熊本地震、並びに鳥取県中部地震で被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
こちらも義援金を受け付けておりますので詳しくは、日本赤十字社のホームページをご覧ください。
日本赤十字社
よろしくお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一生懸命になればいい | トップ | 木村と中居 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL