FOREVER☆SMAP

主に、SMAPの事を自分なりの目線で書いてます。考えは人それぞれ違うから、色々伝えて行きたいです!SMAPだぁいすき

少しだけ立ち止まってみる。〜STAY〜

2017年06月16日 05時20分05秒 | SMAP

この先どうしようもなくすれ違ったり

言い争いがあったりもしても

どうか道の途中で

手を離そうとしないでよ

ちゃんと繋いでてよ

Let you know 大事なのは続けること

楽しいだけでいれない時も

I'll be... Won't you stay?

We'll be 罪を捨て

僕らずっと共に歩こう

永遠なんて言わないからさ

5,60年 それだけでいい

There will be good days

キミを欲しくって

これ以上の願いはないよ

キミのポケット 潜む孤独も

ゆっくりと溶かすから

We'll be together Yours ever


もう一度じっくり考えてみてほしい。

SMAPが、この曲を歌った意味を。

中居正広が、この曲を選んだ意味を。

息を切らしながら、この歌を歌った彼等の想いを。



去年、諦めそうになった時。

思い出す歌は、毎回この曲だった。

「STAY」

この曲に、何度も何度も救われた。

終わる事のないSMAP批判。

絶える事のない、マスコミのニュース。

未だに聞く事のできない新曲、行く事のできないライブ。

そして、画面でしか会えないSMAP。

SMAPが一番大変な時、ファンがそばで支えてあげる事さえも許されなかった。

だから、SMAPのことを諦める瞬間は何度もあった。

SMAPを捨て、他のグループを好きになる瞬間なんて何度も訪れた。

でも、諦める事は一度も無かった。

諦めたいと思う事も、一度も無かった。

完全にSMAPを消す事なんて、出来るはずがなかった。


あの日の歌があって、あの日の笑顔があって、あの日の涙があって。

SMAPとのたくさんの想い出があって。

全てが私達の宝物だったから。

諦める理由なんて、ひとつも思いつかなかった。


それでも、沢山の人にファンのエゴだと言われた。

SMAPにとっては迷惑だと言われた。

スマヲタはキモいと言われた。

反論する気も無くなるくらい、嫌な事を沢山言われた。

正直、辛かった。

たった一言が、何十倍にもなってファンの心にグサグサ刺さった。

それでも、心は折れなかった。

「そんなの無視すればいいじゃん。」

そうやって、無理やりにでも明るく振る舞ってきた。

だって、SMAPと比べたら私達に向けられている言葉なんてちっぽけなものだったから。

ファンに向けられた言葉なんて、比べものにならなかったから。

SMAPはもっと辛かったと思う。

だから、私達が負けないことで少しでも元気になって欲しかった。

気がつくと、SMAPは一生懸命それに答えてくれた。

ファンの事を見捨てなかった。

その姿をそばで見ていた、メンバーの番組のスタッフさん、Victorさんも私達のことをずっと支えてくれた。

そしてそこには何よりも強く、何よりも温かいSMAPへの愛が溢れていた。

本当に本当に、ありがたかった。

「STAY」

この曲をSMAPからもらった時と、今の私達は違う。

あの時より、何倍も強くなった。

SMAPへの想いも強くなった。

「SMAP 25 YEARS」であなた達に返した「STAY」には、そんな私達からのエールが沢山詰まってる。

みんなの想いが、沢山沢山詰まってる。

まだまだついて行くからね。

何があろうと、信じ抜くからね。



たったの50年 一緒に・・・


東日本大震災から6年が経ちましたが、復興にはまだまだ皆様の応援が必要です。
詳しくは復興支援財団のホームページをご覧ください。
東日本大震災復興支援財団

そして、この度の熊本地震、並びに鳥取県中部地震で被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
こちらも義援金を受け付けておりますので詳しくは、日本赤十字社のホームページをご覧ください。
日本赤十字社
よろしくお願いします。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SmaSTATION‼︎ スタートです! | トップ | THE BEST WAY »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
惑わされず、強く… (kao)
2017-06-16 12:07:05
hinakoさん、こんにちは〜

昨年から幾度となく、ワサワサに突き落とされる日々が続きますね。
その度に、あの日届けてくれた「STAY」で持ち堪えます。
これも、たったの50年一緒に過ごす為の試練なんでしょうかね。

目論見通りSMAPを壊したのに、度重なる嫌がらせ…
誠実でないから、誠実なSMAPが怖いんですね。正々堂々と勝負したら負けるから、嫌がらせするんですね。
1:4とか2:3とか?裏切りとか?
そう思わせなきゃいけないくらい、5人の絆が強くて怖いんですね。
嫌がらせされる…ってことは、こちらに勝算ありということでしょうか。

私も辛かったし怖かったので、ツイッターからは離れました。でも諦める理由がないので、諦めません。
ハガキ書いたり、メッセージ送るのは得意ではなかったけど、バンバン送るようになりました。
SMAP再始動の時はかなり強い女になっていそうで、ある意味怖いです(笑)が、外野に惑わされず、応援しましょうね。
Re:それぞれが、それぞれに。 (hinako_smap)
2017-06-16 20:48:00
kaoさん、こんばんは。
お返事遅くなってしまいました。

何度も何度も嫌なニュースに落ち込み、良いニュースに歓喜し。そんな日々が続きますね。SMAPファンってこんな日々だったかなーと考えれば考えるほど、胸が痛くなります。

kaoさんのように、自分でマスメディアを見ないように出来ている人は少なくてまだまだ傷ついている人は沢山いるみたいです。出来る人が出来ることをやれるだけ頑張れたら良いですよね。

それぞれ、言いたいことも沢山あると思いますが、まだまだ踏ん張れているということはこれからも大丈夫だということだと思っています。

みんながみんな「STAY」を胸に、走っていけたならSMAPも私達も、もっともっと強くなれますよね。
負けない!! (ケリーママ)
2017-06-17 07:56:48
hinakoさん、おはようございます(^^)
皆がワサワサするような汚いやり方が大好きなメリジュリ!
慎吾担の私は、スマステのニュースで怒り心頭です。
ファン思いの慎吾が、テレビ朝日さんが番組より先に報道させるなんて有り得ませんよね。案の定直ぐに、否定コメントを発表して下さいましたね(^^)
惑わされてはいけないと思いながらも、多少のショックは受けます。

そして昨日のキャプテン!!やってくれましたね!!
One Chance!流してくれましたね♪
正にその通りなんですよね。
私はその歌詞のまま受け取りました。

hinakoさん、こちらに訪問されるスマオタの皆さん、先はほんとに長いです。
東京オリンピックが終わる迄は無理だと、勝手に思ってます。
つとっぷと同世代の私はアラフィフになります(笑)
でもSMAPをあきらめない。
時には休憩しながらSMAPと、スタッフさんファンのみんなと手を繋いでいきましょうね♪

ちなみに他のグループやタレントに浮気をしようと思ったこと無いですよ~(笑)
他のジャニタレもSMAPが居てこそ!と解散騒動が始まった時に気付きました。
それまではTOKIO嵐や後輩くん達も応援はしてたんですけど……
今はキスマイや亮ちゃんの実家が5、6こ並びの駅なので、同じ関西人としてエイトを応援してますが…あくまでスマオタとしてですよ(笑)
liveはSMAPしか行かないと、live断ちしてます(笑)

でも毎日慎吾の事、SMAPの事を考えて暮らしてますよヽ(´▽`)ノ

さぁ今晩のスマステに向けてまたメールを送らなきゃ♪
最近は週3でメールをしてます。
むっちゃ暇人と思われてたりして(笑)
ちゃんと仕事してワンズの世話して家事してます;゚∇゚
久々なので長々ゴメンナサイ
またおじゃま……MAP!!と言いたいですが、おじゃまさしてもらいますね♪

毎日暑いですが、ご自愛くださいね(*^-^)
Re:いよいよ今日ですね。 (hinako_smap)
2017-06-17 14:10:33
ケリーママさん、こんにちは。

あの記事が出てから何日が経ちましたね。短い時間ではありましたが、ガセネタに振り回されました。やっぱり嘘は嫌いです。今回のことが嘘であったこと、そしてテレ朝さんがすぐに手を打ってくださったことに救われましたね。

気がつけばあっとゆう間に、スマステの土曜日がやってきました。慎吾のことなので、何か言うかなと考えていはいますが終わるということでさえ無ければ十分だと思っています。

SMAPが帰ってくるまで、結構かかりそうだなと私も思っています。が、そんなに長い間待てないんじゃないかなというところが正直な気持ちでもあります。ファンはもちろんそうですけど、メンバーのことを想うと早く体制が整わないと厳しいと思います。

そのためにも、ファンが踏ん張って帰る場所を守っておかないといけないと思います。みんなそれぞれ自分のやり方で自分のペースでSMAPを愛していけたらそれだけで気持ちは伝わると思います。色々大変なことばかりですが、一緒に頑張りましょうね。

コメントを投稿

SMAP」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL