FOREVER☆SMAP

主に、SMAPの事を自分なりの目線で書いてます。考えは人それぞれ違うから、色々伝えて行きたいです!SMAPだぁいすき

今の私にできること。

2017年03月13日 08時41分10秒 | SMAP

「6年の節目」

この言葉は、今年の3.11に対して国のトップと、国営放送が言った言葉です。

東北のどこを見てそんなことを思ったのか不思議になった。

だって、災害に節目なんかないでしょ。

もしあるとしても、それを決めるのは実際に被災し、被災地で暮らし、実際に地震と闘った人達だけだけ。

あれだけの災害を「節目」だからという理由で片付けるのはおかしいと思います。

「そんな世の中おかしい。」

誰もがそう思っていいと思うし、誰もがそう声を上げていいと思う。

そのくらい、「節目」という言葉に私は傷ついた。

きっと熊本や鳥取は、もっと早くにそう言われてしまうんだろうと思った。

そんな時、そっと被災地に手を差し伸べた5人のアイドルがいた。

彼等の名前は、SMAP。

日本を代表する国民的スター。

そんな彼等は、いつもと変わらず被災者に、被災地に手を差し伸べてくれた。

東北も熊本も鳥取もまだまだなんだと、そう言ってくれた。

SMAPの言葉に、想いに、歌にたくさんの人が励まされた。

3月9日、10日、11日、12日。

彼等は順番に想いを繋げてくれた。

日本のトップが、国営放送が忘れかけていたその想いを、誰1人欠けることなく届けてくれた。

それぞれのラジオでメンバーがかけてくれた、「not alone~幸せになろうよ~」という曲。

その歌の中に、こんな歌詞がある。

遠く離れた きみが今見る空は
ぼくの見る空と 同じだと気づく

東北も、熊本も、鳥取も。

日本も、世界も。

黒人も、白人も、黄色人種だって。

みんな同じ空の下で、生きている。

それぞれがそれぞれの人生を抱え、いろんな道を歩いている。

それでもやっぱり、同じ空の下にいる仲間なんだ。

「仲間同士、支えあおうよ。」

そう、SMAPが言ってくれている。

それも1人じゃない、5人全員がそう言ってくれている。


今の東北を知ることからでいい。

熊本、そして鳥取を知ることから。

そうすれば自ずと、今の被災地に何が必要なのか見えてくるはず。

そして、SMAPと同じように私達でも手を差し伸べられるはずだから。



最後に。。。

今の私にできること。

東日本大震災から6年が経ちましたが、復興にはまだまだ皆様の応援が必要です。
詳しくは復興支援財団のホームページをご覧ください。
東日本大震災復興支援財団

そして、この度の熊本地震、並びに鳥取県中部地震で被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
こちらも義援金を受け付けておりますので詳しくは、日本赤十字社のホームページをご覧ください。
日本赤十字社
よろしくお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6年目の“3.11” ~今私たちに... | トップ | 藍色のGANG »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
復興はまだ道半ば… (kao)
2017-03-13 10:13:09
こんにちは。
いつもいつもhinakoさんの言葉に共感させられます。

国のトップは東京五輪招致のプレゼンテーションの際に『福島原発は収束した』…と言っていました。当時、原発事故の為に避難を余儀なくされた方たちは、どんな思いでトップの言葉を聞いていたんだろう?と思いました。
そして、今年『節目』…という発言がありましたね。これも東京五輪のためなのでしょうか?
中居くんが言っているように、復興はまだ道半ばです。震災で被害に遭われた方たちを置いてきぼりにするようなオリンピックなら、必要ないのではないかとさえ思ってしまいます…

ラジオ聴きました。
SMAPはSMAPでしたね。スマスマの最後に支援を呼びかけ頭を下げていた、あの5人のままでした。
どんな状況でも大切なことを教えてくれる人たち…私もそんなSMAPについて行けるように、自分にできることを考え、微力ながら今日また募金してきます!
Re:こんな時だからこそ。 (hinako_smap)
2017-03-13 10:40:45
kaoさんコメントありがとうございます。

そうなんですよね。
東京オリンピックも関わっているからこそ、やっぱり「節目」という言葉はつかってほしくなかったです。
まだまだこれからだし、いつまたどこで地震があるかわからない。それなのに、6年足らずでこんなにも見放されてしまうのは、同じ日本人としてすごく悔しいです。こんな時だからこそ、手を差し伸べるべき人が差し伸ばなければいけないと思いました。

そう思う気持ちがあったからこそ、SMAPが差し伸べてくれた手の温かさがわかったし、これからもはなさずにいなきゃいけないと思いました。そして、私達はSMAPファンとして、変わらず被災地の皆さんに5人の想いを届けなければいけないと思います。

私もこのブログで、そして募金という形で被災地を応援したいと思います!!

コメントを投稿

SMAP」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL