FOREVER☆SMAP

主に、SMAPの事を自分なりの目線で書いてます。考えは人それぞれ違うから、色々伝えて行きたいです!SMAPだぁいすき

ファンであるということ。

2017年02月22日 08時55分58秒 | SMAP

前に、ほかのグループのファンの方がこのブログへコメントをくれました。

SMAPファンである私が書くこのブログを、何人のSMAPファン以外の方が読んでいるかは分かりません。

でも一人のSMAPファンとして、どうしても伝えたいことがあります。

今、私達SMAPファンが彼等に直接想いを届ける方法は、ラジオとテレビ番組へのメッセージのみです。

事務所へ送っても、彼等へ届きません。

だから、ハガキを買ってきて工夫を凝らしてメッセージを書きます。

残してくれてるスマスマのホームページを始め、彼等の出演する番組へ沢山のメッセージを送ります。

去年、12月31日は「中居正広のSome girl' SMAP」の最終回の日でした。

その日にラジオ局に届いたハガキの数は
約5000枚。

中居くんのラジオは、メールや専用フォームが無いためハガキのみです。

5000人もの人が、ハガキを買い、心を込めて書いたものです。

それを、中居くんは「全部読んでいますから」そう言ってくれました。

何が言いたいかと言うと、メッセージや想いを届けられることがどれだけ幸せかを知っていてほしいということです。

ラジオ局やテレビ局に届くハガキやメッセージの中でも、読まれたり掲載されるのはほんの一部です。

でも、全部届いているんです。

SMAPにちゃんと届いているんです。

私達はきつい時、苦しい時こそSMAPにメッセージを届けます。

私達が大変な時、SMAPは私達以上に大変な時なんです。

そんな時こそ、彼等に届ける。

SMAPだけじゃない。

人はみんなきつい時、苦しい時は誰かの想いに元気にされます。

ファンもSMAPも、こんな日々が来るとは思ってもいませんでした。

まさかSMAPがこんな状況に置かれるなんて、思っていませんでした。

でも、起こってしまったからにはその場を乗り越えなければいけません。

状況を変えていかなければなりません。

明日に向かって、走り出さなければいけません。

私達が、SMAPに学んだことはたくさんあります。

実践してきたこともたくさん。

でも、SMAPはまだ戻ってきていない。

ということは、私達がSMAPのためにやれることはまだたくさんあるということなんです。

私達が望んでいるのは、SMAPがいるっていうこと。

5人がいて、1人が帰ってこれる場所。

そんなSMAPを返して欲しいってこと。

私は、SMAPのことしか分かりません。

他のグループが、どんな困難をこれまで乗り越えてきて今の状況があるのか全く知りません。

それでも、お互いが派閥を作り争い合うことは誰も望んでいないと思います。

ファン同士が争っちゃったら、本人達は何倍も辛い思いをすることになります。

そう考えれば、争い合いなんてやらない方がいい。そう思えてきませんか?

SMAPは今、逆境にいます。

そんなSMAPと一緒に、ファンも逆境に立たされています。

SMAPを応援しろとは言いません。

SMAPファンになれとも言いません。

でも、習ったこともないような逆境にいる彼等を馬鹿にするのはやめてあげてください。

もちろん、ファンのことも。

やれる範囲のことを、やれる力以上で頑張っています。

どうか、温かく見守ってください。

SMAPファンの皆さん。

どのグループもきっと、少なからず辛い思いをしてきています。

だから、他のグループやそのファンの皆さんを責めるのはおかしいですよね?

どうしても辛かったら、このブログにどんなことでも書き込んで下さい。

コメント欄にいつでも。

誰かのファンであることは、とても凄いことです。

だって、その人を支えることが出来ているんですから。

でもそれと同時に、近いからこそ傷ついた時の傷は大きくなります。

だから、ファンでいることの意味をもう1度ゆっくり考えてみてください。

誰が裏切ったとか、裏切ってないだとかそんなことを言うためなんですか?

中居くんが言いました。

メンバーは誰も悪くない。って。

よく頑張った。って。

あなたの大好きな人達のために、何が出来て、何をやらない方がいいのか。

いつか、ジャニーズ事務所や芸能界が大きく変わって派閥がなくなった未来を私は信じています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飯島三智さまへ。 | トップ | 緊急企画 「SMAPの写真載せま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

SMAP」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL