ひなぎく日和

秋田の四季とちょっと侘びのある暮らしを綴ります

ヒートショック対策

2016年10月17日 | ひとりごと

築20年近い我が家のお風呂場です。

天井以外すべてタイル張りなので

冬場は非常に冷たく、寒いです。

朝起きてすぐシャワーに行く旦那さんなので

ヒートショックが心配で妻は毎日ハラハラです。

取り急ぎ、天井の換気扇を「暖房もできる換気扇」に変えました。

30分前に暖房スイッチを入れて浴室と脱衣場を温めておきます。

とはいえ、廊下やトイレは寒いままなので

ヒートショックの心配は付いてまわります。

 

 

 

『秋田県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 写経の会 | トップ | お櫃(おひつ)良いです »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さいちママ)
2016-10-17 14:41:17
わあ~~~タイル張りのお風呂って珍しいわね。
私の実家が左官屋なんですが今は風呂場もユニットが多くて仕事がないと嘆いています(苦笑
でもちょっと寒いのは困りますね。
脱衣所と風呂場が暖かいと少しは安心でしょう?
さいちママさんへ (ひなぎく)
2016-10-18 21:14:45
今はユニットが当たり前なのかぁ~。
ユニットバス、いいなぁ~。

いつかリフォームする時の参考にと
時々ショールームを見て回っています。
最近のお風呂は(キッチンもトイレも)とても快適に作られてるんですね~。
軽くカルチャーショックです。

雪国に暮らす者にとって寒さ対策は死活問題よね。
旦那は血圧も高めなので本当に心配です・・・




コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。