いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アート、フラワーデザインの教室を開いています。

ばーばのピーターラビット

2016年10月17日 | 組み合わせ

菊の季節になると菊作りの名人だった

祖母の弟の大輪の菊を思い出します

 

 

唯一私のピーターラビットです

10年程前まで代官山に逢った、ウエッジ・ウッドの職員さんに

フラワーデザインを教えに通って居た時に

季節ごとに頂いた色々な製品の中の

ピーターラビットのコーヒーカップです 

 

左右に違う絵が描かれていて

 

受け皿にもピーターがこちらを向いて居ます

 

箱には蓋を含めて5面にやはりピーターが居て

楽しい気分になります

 

今使って居るコーヒーカップが割れた時にと

仕舞いこんだままになっていますが

食器を割る事がないので、いまだに箱入り娘状態です

 

 

 

 

ご感想のコメントを頂けると嬉しいです 

←このボタンをポチットして頂くと励みになります  

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

『手芸』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カードコレクションからウク... | トップ | 小さなモチーフ其の二 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (tsupi)
2016-10-17 15:56:09
ウエッジ・ウッドのピーターラビットですか!
先日の展覧会にもあったのですが、なかなか手の出るお値段ではなく、
指をくわえて帰ってきました(笑)。

子供向けの食器と違って、色が抑え目で素敵ですね。
Unknown (谷間のゆり)
2016-10-18 10:38:49
◎tsupiさんへ
手の出ない値段でしたか
大切に使わなければいけませんね
頂き物で値段を知りませんから、箱など一寸歪んでいますから、置き場所を考えましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む