いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アート、フラワーデザインの教室を開いています。

1987年のホワイトハウスのクリスマス

2016年12月07日 | 組み合わせ

一寸寝ぼけた色のポインセチアでした

 

 

1987年にヒクソン先生がデザインした

ホワイトハウスの飾りの一部ですが御紹介しますね

メインの大きなツリーは大きくて好い写真がないのでこちら

白を基調にしたツリーです

此のツリーでも先生が梯子に乗っての飾り付けです

 

沢山有る部屋にもデコレーションがされて

其々にリースも飾ってあるそうです

一番大きなツリーには一万個のオーナメントが

下げられているとの事でした

他にもディナーのメニュー等も頂いたのですが

書き込みなどが読めませんのでざんねんです

 

 

レーガン大統領の時から

オバマ大統領の時までホワイトハウスのクリスマスを

デザインなさった先生も最近は辞退なさったらしく

一昨年お会いした時にお話がありませんでした

 

風邪は一昨日飲んだ薬が効いたのか多少鼻 に残りが有りますが

無事平熱に収まったようです

でも今日一日は念の為楽をしようと思って居ます

 

 

ご感想のコメントを頂けると嬉しいです 

←このボタンをポチットして頂くと励みになります  

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

『手芸』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日の画像は差し違えでした | トップ | 今年のクリスマス・オーナメント »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄いですね! (tsupi)
2016-12-07 15:38:38
何て優雅で、何て大きなツリーなのでしょうか。
日本のお家では、飾れませんね・・・(笑)。

先生は、長い間、ホワイトハウスのクリスマスを託されていたのですね。
ホワイトハウスの日常をこうやって垣間見ることができるなんて、
とっても感激です。
テレビでは、オフィシャルなものしか、公開されませんものね。
大切なものを、ありがとうございます(*^-^*)
お返事遅くなりました (谷間のゆり)
2016-12-10 23:18:53
◎tsupiさんへ
クリスマスのドア飾りの注文品作りや風邪のせいで遅くなりました。
偶々フラワーデザインの先生がホワイト・ハウスの仕事をなさったので、色々なお話を伺ったりクリスマスのオーナメントを頂いたりしたのは幸運だったと思います。
アメリカの美味しい料理も味わる事が出来て、偶に作ってみて居ます。
人との縁の不思議さが思う出を楽しい物にしてくれました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む