いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アート、フラワーデザインの教室を開いています。

長年眺めて居る老桜二点

2017年04月06日 | 季節の便り

花の種類分かりましか?

カーネーションに似たトルコキキョウです

 

 

東横線学芸大学東口通りの老桜です

バナナの木も有るお宅の桜は

私が子供の頃から有りましたから、もう百歳近く

今年も花を見せてくれました

 

こちらは旧居が小公園になったお宅の桜です

元の木は老齢にもめげずに居ますが

若い枝が老木を支えるように伸びて花を咲かせます

今盛りなのは老木の方

左は若木で未だ一部咲程度でした

北側から見ると老木を支えて居るような若い木の様子が頼もしく

管理をしている方の愛情がうれしい樹です

事らも百年近い樹だと思います

駅近くの商店の我が家から小学校に通う時に眺めた

樹が商店に建て替えられていく中の貴重な桜です

 

 

 

 

ご感想のコメントを頂けると嬉しいです 

←このボタンをポチットして頂くと励みになります  

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

『手芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イースターエッグの刺繍模様 | トップ | ピサンキ模様の刺繍刺し上が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

季節の便り」カテゴリの最新記事