病気の「おかげ」で今がある

回復に時間のかかる精神障害 絶望したくなる時も… でも今仲間と悩み・喜びを共有できる こんな生活も悪くないか…

ていねいに生きる

2017-08-13 | 個人的つぶやき

朝、洗面所の鏡が少し汚れていたので拭き取った。ついでにその下の小さな棚も拭いた。きれいになった。気持ちもきれいになった気がした。何でもないことのようだが、何か大事なことのように感じた。

そうか。
日々、一つひとつのことをていねいに行う、ということか。

ささいなこと・細かいことは、生活に追われているとつい「(今は)やってられないから」と、そのままにしてしまう。わたしはそうだ。

でも、それってちがうんじゃないか、と思った。

多くの人は週5日働く。そういう人にとって特に毎朝は余裕がない。

例えばこんなふうだ。
お湯を沸かす、沸くまでの間に紅茶の茶葉をポットに入れる、トーストを焼く準備をする、沸いたお湯を注ぐ、トーストを焼いている間に牛乳を温める、ジャムなどを冷蔵庫から出す、トーストが焼けたらオリーブオイルを塗る、食べる、食べ終わったら歯を磨く、トイレに入る、整髪をする・・・・・

これらの動作はほとんど毎日、順番も、量も、時間も、時刻も変わらない。ほかのことはまずやらない。

仕事から帰った後も、朝ほど厳密ではないが、やることや順番は大体決まっている。決まっていること以外はやらない。例えば部屋の汚れが目についても休むほうが先である。

休日になると、することはまず疲れた心身を休息させることである。「お休みモード」になってしまうと、日頃気がついていても、ささいなこと・細かなことは後回しになってしまう‥‥後回しにしてしまう。

多くの人はこうではないか。

でも、それってちがうんじゃないか。

 一つひとつのことをていねいに行う。

それにはまず気持ちの余裕が必要なのではないだろうか。

今ごろになって、こんな歳になって、やっと気がついたのだろうか。

歳はとりたくないと思っていたが、歳をとらねばわからないこと・気がつかないことがあるのだろう。だとすれば歳をとることも悪いことではない。    (8/11 記)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガンジャ ラーメン | トップ | 散歩道の花(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

個人的つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。