日守麟伍の和歌(うた)日記

大和言葉の言霊の響きを求めて

「水のぬるむや」1首

2017年03月20日 | 日記
 暖かさがひときわ進んだ日、いつもの川沿いを歩いていると、せせらぎの音が、これまでよりも耳の近くで鳴るように聞こえました。寒さがようやく去って、川の水が春の日に温んだからでしょうか、吹く風が緩やかになったからでしょうか、いいえ、暖かさで、体が緩んだのでしょう。

せせらぎの みみぎわになる ふゆさりて みずのぬるむや かぜのゆるむや
せゝらぎの 耳際に鳴る
冬去りて 水のぬるむや
風のゆるむや

(いつもあるく川のせせらぎの音が、これまでよりも耳の近くで鳴るように聞こえました。寒さがようやく去って、川の水が春の日に温んだからでしょうか、吹く風が緩やかになったからでしょうか、いいえ、暖かさで、体が緩んだのでしょう)

*******
日守麟伍ライブラリ
くりぷとむねじあ歌物語
くりぷとむねじあ和歌集
古語短歌への誘い

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「あからむ森」再録 | トップ | 「ま幸くませと」1首 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む