日守麟伍の和歌(うた)日記

大和言葉の言霊の響きを求めて

「森道の」「渦なす森の」2首

2017年07月23日 | 日記
 夏の夕映えが、高い木々の梢の網目模様に、にじんで揺れています。湿った下道には、木漏れ日もほとんど差し込まず、水底のような透き通った闇が充ちています。

くろまだら にじむこぬれを すくかげの わずかにとどく もりみちのそこ
黒まだら
にじむ木ぬれを
透く影の
わづかに届く
森道の底

(高い木々の梢の網目模様に、空の光がにじみ、湿った下道には、木漏れ日も届かず、水のような透き通った闇が充ちています)

 息の長い風に森が揺らぎ、洞のような空間が、ゆるやかに渦巻きます。歩いていくと、渦に巻き込まれて、一足ごとに底に沈んでいくようです。

ふくかぜに たかぎのえだの ゆらめきて うずなすもりの そこにおぼるる
吹く風に
高木の枝の
揺らめきて
渦なす森の
底に溺るゝ

(風に揺らぐ森に包まれた空間が、ゆるやかに渦巻く下を歩いていくと、渦に巻き込まれ、溺れてしまいそうです)

*******
日守麟伍ライブラリ
くりぷとむねじあ歌物語
くりぷとむねじあ和歌集
古語短歌への誘い

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「夢に蝶の」推敲 | トップ | 蝉の歌5首、採録 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事