gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

手探りの落ち葉集め・・・・

2016-10-31 06:42:45 | 日記・エッセイ・コラム

昨日(30日) 国道の灯りを頼りに 糯の樹と駐輪場の屋根を覆っているモッコウ薔薇とヒマラヤンムスクの剪定枝を                                                  手探りで集めた 棟方志功の版画制作を思い出した 目を板に擦り付けながら 輪郭線を指先で確かめながら 彫刻刀を                                                 走らせながら この世で この時間しか存在していないかのように思えるくらい没頭して 福与かな観音様を掘り進めていた                                                Monsieurは『そよ風』のシンボルツリーの糯の樹の幹回りに剪定枝を手探りしながら 拾い集め 山盛り状態に積み込んだ

手探り状態はMonsieurがH社を途中下車して・・・・意に沿わない形で零細企業を立ち上げた時だった パーマン1号は                                              中学3年生 パーマン2号は中学一年生 パーマン3号は小学4年生の時だった H社退社の噂が広まったのだろう 退社後                                                    『JINTER net』の友人達の一人 今になっても はっきりと記憶の有る友人がいる これから如何するの・・・・確認の                                                電話であった 日銭が入らなくなった妻は日常茶飯事・・・鬼に成る この事は知っているのか 覚悟は出来ているのか

途中下車は考えていなかったので 全くないとお答えした H社退社の最後の日 上司からの挨拶があった この人は自分の                                              好きな仕事以外はして来なかった 最も自由な会社で 自由な仕事しかしなかった人だから サラリーマンは出来ないだろう                                      だから 花束は用意しなかった 会社を起こすしかないだろう HIM(研究所)R&Dの名前を贈る 良かったら使いなさい                                              この話を話した 解った 有難い事である・・・・社長を口説くから 内の会社の技術顧問に成ったらどうか

有難かった・・・・もう二人のJINTER netの友人達からお誘いがあった 思春期の頃 地震学者に成りたかった 夜間高校                                             に通った 某有名大学の推薦をしていただける事に成った 入学金が無い お婆ちゃんの処にお願いに行った 売れない作家の                                                 父に対して娘を不幸にしていると激怒した Monsieurのお願を一言聴いただけで あなたの家には支援出来ない 帰りなさい                                               泣きながら・・・・帰って事があった 子供達が学業をしたいのでなら Monsieurの命に替えると この時から 決めていた

あの時は毎日が手探り状態であった 何年続いたのであろうかあった この時から 午前4時前の起床はMonsieurの日常の                                               生活 今朝(31日)になって残った剪定枝+落ち葉を拾い集めながら 今は安寧な暮らしが出来ている 生きていられている                                             いつでも寿命が来ても満足な状態 良いと思っているのに 今日の朝はいつの朝よりも早く目覚めた 友人達にお礼奉公をし                                                  なさいと もしかすると 『そよ風』が完成する迄 生かされているのかも知れない 朝陽の中でこの感情が込み上げて来た

蛇足を知りつつも・・・・1冊の小説を紹介します 作者は『小田垣邦道』 題名は『ユリシーズ』内容は車好きな従業員が                                             集まって 作り上げた車の物語である この中で大沢という人物が登場しているらしい その人がMonsieurであると作者から                                           知らされた 気恥ずかしいので いただいた本は本人は読んでいない 時を重ね 時が来て お棺が近付いたら その時の                                           仲間から朗読を聴ければ、最高と思っている それ迄は手探りしながら 『そよ風』の深化を続けましょう・・・・ね(っ)‼

2016‐10‐31 Monsieur 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木枯らし1号・・・・?

2016-10-30 08:54:42 | 日記・エッセイ・コラム

今朝(30日)起きて・・・剪定が終わった樹々を一回り 空が軽く見えるようになった 雑木が庭木に見えるようになった                                               素人庭師のMonsieur 可成り腕が上がったようです 暗闇に成る頃 最後の最後でお爺ちゃんから受け継いだ剪定バサミの                                                  開き用スプリングが分離して・・・・落下してしまった 剪定枝の山の中に・・・・埋没

昨日の糯の樹の剪定作業は午後から開始した 樹齢100年を超えている糯の樹 この糯の樹はMonsieur家の守り神の樹である                                               同時に『そよ風』のシンボルツリーでもある 天辺部に立ち昇って剪定作業している 鋏を入れた小枝が秩父・奥多摩下しの                                                     風に吹き飛ばされながら落ちて行く 今日は多分 木枯らし1号だろう・・・・‼ 三日目の夕方 剪定作業は完了した                                                今年の秋予定の剪定作業はほぼ完了する事が出来た 残された作業は剪定枝の処分 獏さんの訪問に間に合った感じである

烈しさや 木枯らし1号 男風(Monsieur)

午前中のガーデニング作業は①アクセサリーの飾り付けを行った ②正面ゲートの看板の付け替え ③糯の樹の剪定 今日(30日)                                      のガーデニング作業 ①自転車駐輪場の屋根の薔薇の蔓の引き回し ②ブロンズ架台の設計

パーマン2号とミッチョン桜は気分転換の外出をした 今日もMonsieurはお留守番担当 糯の樹の天辺から見送った 娘と母                                              なのに 姉妹のような後ろ姿で有った 背が丸まって来ているミッチョン桜が気に成った その内 外出姿は親子が逆転するように                                            思えた 父と息子で有れば、こういう光景は無さそうである 果たして気分転換を何処に行くのであろうか・・・・‼

2016‐10‐30 Monsieur

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家庭菜園情報・・・・

2016-10-29 07:00:48 | 日記・エッセイ・コラム

今日(29日)の早朝より・・・・家庭菜園の責任者のTさん+今年の春浅き 2月頃~参加した S子さんの二人で                                                  薩摩芋の収穫を始めてる お爺ちゃんが何回も試みていた薩摩芋作り 葉っぱの成長は物凄いけれど 根っ子の芋                                                               まで栄養が至っていなかった Tさん S子さんの腕の見せどころである 霜が降りると薩摩芋は全滅してしまうので                                                  皇帝ダリアの花芽状況から 霜が近いとTさんにMonsieurが知らせたのです 果たして・・・・収穫は?

今年の冬も例年通り土壌改良作業を行なおうと思っております 幅100㎝ 深さ60㎝に畑を掘り 石ころを取り除いた                                                場所に庭樹の剪定枝+芝刈りの葉っぱ+雑草を30㎝放り込み その上に掘り返した土に苦土石灰を混ぜ込んで畝作りを                                                 行うのです この方法がお爺ちゃんから続いている『そよ風』の有機農法の基本です お爺ちゃんの場合は裏山の                                                落ち葉です 運転手はお爺ちゃんがリアカーを引いて家族全員で裏山に行って集めた落ち葉でした

家庭菜園の土壌改良をする事にしている場所を何処にすれば、良いのと昨日の早朝にMonsieurがTさんに相談した 結果                                                   薩摩芋の畝+Monsieur担当エリアにする事にした 来年のMonsieurの農作業の始まりが寒掘り 家庭菜園の土壌の                                                改良作業です 見えない処で頑張るのがMonsieurの腕の見せどころ そう思っていると・・・・心が安寧になるのです                                                 TさんとS子さんによって・・・・お爺ちゃんから引き継いだ家庭菜園は守られております

良い芋が出来たら・・・・11月3日に獏さんチームの『そよ風』訪問が予定されている 焼き芋が追加できる ピザパー                                                ティーが一層盛り上がりそうである 昨日(28日)のガーデニング Monsieur家の守り神の糯の樹(高さ10m)の剪定                                                   午後から雨のため 作業の進捗度は80%今日一日・・・・最善を尽せば、何とか完了できそうである 次は誰がこの樹の                                               剪定作業を行なうのであろうか 思い浮かべても顔が浮かんで来ない ちょっと・・・・淋しい 悲しい ‼

糯の樹の6本のうちに4本の一部に貝殻虫が付着していた・・・・年2度の剪定作業をしないと貝殻虫の好きな環境を作って                                              しまって 発生に至ってしまったのであろう よって 日差しを差し込ませるために強めに糯の樹の枝を刈り込んだ ホーム                                                 センターに行って・・・・貝殻虫の駆除剤を購入しましょう 午前8時・・・芋の収穫が終わったようである ミッチョン桜から                                           今度のピザパーティーで焼き芋で楽しませそう ‼ との報告が今・・・・ありました

2016‐10‐29 monsieur

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憧れは未亡人の話を聞いて

2016-10-28 06:41:41 | 日記・エッセイ・コラム

先日・・・・『そよ風』に二人姉妹の訪問があった Monsieurはメインガーデンの芝刈りをしていた時の事であった 結構                                                   優雅に暮らしているように見えたのだろう・・・・か ご婦人たちは愛想を身に纏って話しかけて来てくれた 好きな事に                                                        好きなだけ時間を使える何って・・・・羨ましいという話であった ご夫婦で家庭菜園のメンバーに参加しては如何・・・と                                                   誘ってみた 答えはMonsieurが想像している 望んでいる・・・・回答ではなかった

世間体が有るので離婚は出来ない 主人が家にいると鬱陶しい 今は家庭内別居状態であると話された もう一人の姉の方も                                                          頷いていていた この姉の言葉が尚 いっそうMonsieurの心を混乱させた ご主人にポクッて逝ってもらって 好きな事に                                                   好きな時間を使う生活をしたい 憧れは未亡人であると言った 本心では無いであろうけれど けっこうマジトークで有った                                                         この時のMonsieurの草刈り作業は嫌々作業をしていたのである 草刈り機の電動の音は幸福の音に聞こえたらしい

昨日(27日)の午後の休憩の時 家の守り神の糯の樹の剪定で一休みしている時にミッチョン桜がコーヒーを運んで                                               来てくれた この二人姉妹の訪問者の話をした 解る・・・と言っていた後 でも 困ると付け加えた Monsieurの                                              記憶を辿れば、気が付いた時は雨漏れが酷く ガラス戸は広告の紙で貼られた家であった これ以上 貧困が絵に描けない                                                  位の環境であった 今の自負心は両親から受け継いだ遺伝子以上に社会に還元できたと言える事である

最近・・・・常々と思う事である 今日 思っている事 今 遣りたい事の半分も出来ないのである ミッチョン桜は孫と一緒                                               にいる・・・と楽しめるそうである Monsieurは正直に言えば、面倒臭さが先に出て来る 今朝(28日)の未明に天井を見上                                              げながら 二人の姉妹の言葉 憧れは未亡人が浮んで 消えなかった Monsieurさんの場合 やれる事が少なくなって来ている                                                子育ては終わった 人並みの家を造った 庭が完成に近付いている 小金を貯めた 天国に近付いて来ているのかも知れない

魔女姉妹 憧れは未亡人 秋の声(Monsieur)

2016‐10‐28 Monsieur 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

守り神の糯樹の剪定・・・・

2016-10-27 08:25:04 | 日記・エッセイ・コラム

今日(27日)は日の出を待って昨日 やり残してしまった5本目の糯の樹の剪定作業を再開した 本日は快晴なり 午前8時20分                                                         剪定作業を完了させる事が出来た これから・・・・Monsieur家の守り神の樹 6本目の糯の樹の剪定作業に取り掛かる予定です

昔の話である お爺ちゃんが80歳を超えても この糯の樹の剪定作業を行なっていた 今のmonsieurの年齢に成っていたお爺ちゃんの                                               末の弟の訪問があった時の事である この叔父さんにMonsieurは庭に呼び出された もしも・・・・兄さんが樹から転落して怪我でも                                                                                       したら Monsieurさんを一生怨むからな と言われた事があった Monsieurがこの樹の剪定を引き受けてから 月日が経つのは早い                                                    ものである もう・・・・20年が経過しようとしている 叔父さんも他界 爺ちゃんも3年前 天国に召されて行った

この間 無事にパーマン達を世の中に送り出した monsieurの超零細企業を清算した そしてMonsieurはガーデニングにのめりこんだ                                                    親愛なる方々に助けられて そのお陰で記念樹の植樹 石窯&石窯部屋 ガゼボ 室内の調布度品 獏さんの絵画 玄関アプローチに                                                  鎮座しているブロンズ 全ての作品がMonsieurの宝である 地域の『休みっぱ』はほぼ完成 『小さな森の美術館とお菓子屋さん』の                                                準備は完成領域を達成 振り返って見ると 予期せぬことが起きていた 何人かの人と疎遠になっているのである 

Monsieurさんは別れがあった人に対して追いかける人ではないのですが けれども その人達に感謝とMonsieurのお付き合いの時よりも                                                  もっと もっと幸せに成って下さい・・・・とお祈りは出来る筈 この糯の樹の剪定作業が終わったら お祈りしましょう・・・・‼                                               5本の糯の樹剪定が終わったので 風通しと光が行き届くようになったためか 今朝から・・・・ヒヨドリと四十雀が来なくなって                                          いる 世の中は上手く行かないものである 糯の樹の剪定は野鳥達の機嫌を損ねたようです

秋の風 鋏の音色 幹の上(Monsieur)

2916‐10‐27 Monsieur

コメント
この記事をはてなブックマークに追加