gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

山帽子の玄関に・・・・

2009-01-31 08:18:24 | インポート

山帽子の機嫌が良い時は玄関のインターホーン下に小さな絵手紙を掲げます どちらが裏か、表かは解かりませんが 一方側にお地蔵さんが胸に両手を合わせたイラストに『人生に失敗はない あきらめた時 失敗という』 もう一方側に左手を頭まで持ち上げている笑顔の招き猫のイラストに『ありがとう』が書かれております

何故 この絵手紙を山帽子が好きかと言うと・・・・本格的にガーデニングに取り組んで十数年経ち、未熟で手荒な山帽子の日常管理においても実生の樹は風格こそ欠けますが、花木は花を付け出しはじめ、存在を示すように成って来ました 風雪に耐え、時間と共に成長しています

人間も長い時間軸で見れば、人に騙されても、恋する人に仕打ちされても 仕事に壁を感じても お金が無くっても困っても それは失敗ではない 成長の証であって、強く、賢く生きる知恵を授かったのであるのです 旨くいかない時に穴をまくって投げ出して仕舞ったら、強く、賢く生きる知恵を自ら、放棄してしまうのです 自ら、運を遠ざけてしまう行為なのです

山帽子さん 玄武岩繊維の事業をあきらめては駄目ですよ 最貧国の子供達に豊かさを そして古代の海の復活は山帽子さんの技術屋としての集大成の『お礼奉公』でしょう 人生には失敗が無い事を信じて継続して下さいね(っ)・・・・!! 皆様と力を合わせた事で運良く 2月には川崎の事務所が開設されるようですね 招き猫のイラストのように皆様に そして 山帽子は今日も頑張れました 己自身にも『ありがとう』言えるようにね(っ)!!

2009-1-31 山帽子

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛着が沸くまで・・・・

2009-01-30 07:10:48 | インポート

山帽子が振り返って見て、思い入れがあり、最善を尽くした事については感動と同時に愛着が沸いているのである 自分がこれまでは ここまでは・・・・と積み上げ、これ以上 試行錯誤作業の限界と悟り・・・・ジタバタ、もがく事を諦めた時 その時が終了と成る その終了が又新たな出発に成り、次のステージの挑戦と成ったのである 楽しい人生であった

山帽子の好きな歴史上の画家を始めて告白すると三人います ブルーの天才ルオー 光の魔術師のレンブラント、激しい心の佐伯祐三・・・・・山帽子は大好きですが アルプス時代のセガンティーニ タヒチ時代のゴーギャン そして物理学の天才であり、画家であるダビンチである 三人いずれも非常に諦める事が大嫌いな、往生際の悪い人生を過ごしております 山帽子の好きな理由はこの往生際の悪さ故に 最も好きな画家になったなのかもしれません 突然現代の『そよ風』の話になりますが 『獏』さんの絵を見ていると この往生際の悪さが感じられます この絵にはこの先が無いと思える位に格闘が感じられます この絵を見ていると格闘が終わった静けさが、見る側に伝わり、妙に心が静まり、感動するのかもしれません

山帽子の『そよ風』のガーデニング作業は芸術家の方々には遠く及びませんが、試行錯誤を続けております 諦めが着くまで 可也の時間を要すると思いますが それまでの時間を大切に楽しみたいと思っております

愛着とは愛情を注いだ量なのかもしれません 家庭でも、職場でも、愛着が沸いてくれば、本物だ(!!) パーマン1,2,3号達よ お前さん達の与えられた時間を そして与えられた人生を大いに楽しみなさい・・・!!

今日(30日)の『そよ風』予定はエクステリアに達人の中村さんと一緒に国道沿いの擁壁にレリーフの設置(5箇所)、池&小川の最終仕上げです 雨で順延かもしれません

2009-1-30 山帽子

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

危機について思う・・・・

2009-01-29 08:16:29 | インポート

昨日 池の石積みを修正して、山帽子が泥だらけに成っている時にギーと啼いて『そよ風』に珍客がやって来た 啄木鳥の仲間の子ゲラである 丹念に糯の樹の幹を上から下 下から上にと廻りながら、餌を見つけていた いつものヒヨドリの夫婦 雀軍団 餌箱には青梅長渕在住の四十雀 池を作っている周りに河原ヒワ 蜜柑が大好きなめじろは単独行動 椋鳥、雉鳩・・・・『そよ風』は野鳥に喜ばれているようである

日本中 世界中で危機という言葉が溢れている 世間は未来を絶望視、しているようである 人間の生き方には義と利がある どちらも大切な要素であるが、そのバランスで人は別人に成ってしまう 利を重んじる人にとっては厄介な出来事だろうが 義を重んじる人から、利を重んじる連中が顔色を変えて、あたふたしている姿を見ていると滑稽に見えてくる 腹を抱えて笑っては失礼であるでしょうけれど・・・・山帽子の心の中にザマー見ろといった思いが心の何処かにある事は確かである

危機の危はやばい、危ないと理解するが もう一つの機は時代が変わる『訪れ』と理解すれば、やがてチャンスが訪れるのである 危機と叫ばれているこの時期に日本人が日本の未来についてじっくり考え、しっかりと結論を出し、きっちりと決断するチャンスがやって来た事になる 山帽子は今度 選挙に期待しているのである

野鳥達を見ていると・・・食べる時の順序に強弱はあるけれど、胃袋を満たせば十分、決して持ち去ることは無い 青梅には吉川英治記念館がある 彼の言葉の中に『朝の来ない夜は無い』・・・・『そよ風』に野鳥は来た 後はもう少し義を大切にするに日本が来て欲しい これが吉川栄治の言葉の中にある朝である 山帽子はそう信じたい

2009-1-29 山帽子

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親爺さんとと同じ楽しみが・・・・

2009-01-28 07:36:57 | インポート

親爺さんの中庭の小川に川魚が飼われており、極 親しい友人が訪問された時など釣りをして、その場でバーベキューを楽しむとか 山帽子は恐る恐るお聞した事があった この前 宗一郎邸の庭師の安諸定男の個展会場で釣りのお話をお聞きしたところ、安諸さんもご相伴の機会があったそうで 大変楽しかった・・・と 思い出話を話されました

『そよ風』のメインガーデンと家庭菜園の間に柿木が2本あります 柿ノ木の根元から、北に向って全長5,5~6メートル 最大幅は3メートル 山帽子は地面を掘り起こし、『池&小川』を造園作業に着手しております 昨日(27日)防水シートを敷設し、地下水を入れました 石積み形状に問題があり、修正は必要ですが 結構様になっておりました 多摩川水系の小魚と草花を生息させる事を考えております 水源は井戸水なので虹鱒の飼育は可能なのかもしれません 親爺さんと同じように極親しい人と共に、バーベキューを楽しむ事が可能になりそうです

今の『そよ風』の早春の花は山茶花 水仙 盆梅 僅かですが 陽当たりの良い場所の福寿草は頭を持ち上げ始めております、ムスカリ、フリージアも元気です 河津桜、木蓮の芽も膨らみだしました 今年の春は思いのほか、早くやって来そうです

山帽子さんよ 多くの人と人生を大いに楽しんで下さい ねっ(!!)

2009-1-28 山帽子

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

痩せて行く心・・・・

2009-01-27 07:57:14 | インポート

山帽子さん 午前4時前の目覚めは変わらないのですが 特に最近は床離れが悪いですね 昨日頑張り過ぎただとか 寒いとか 風邪気味だとか 嫌な夢を見たとか いい訳が多くなりましたね いい訳はやらない事 出来ない事の理由付けでしょう いい訳に何の値打ちがあるの(?)

いい訳を思いついた時は心の片隅に安堵の灯が点り、一瞬平穏な気分に成りますが しなかった事に 出来なかった事に これから先の人生にプラスに成る事は何も無いですよ いい訳は人の約束を先延ばしにする事でしょう そうすれば、人の信頼を失うでしょう(!!) 山帽子さんが大切にしている『絆』が弱まる事ですよね いい訳を考えれば、考えるほど、山帽子さんの心が痩せて行きますよ 留意して下さいよ

昨日は『池&小川』造園工事は良く頑張りましたが 野鳥(四十雀)の餌やりを忘れておりますよ ひめしゃらの樹で四十雀が催促しておりますよ 軒下の菊の水遣りも手抜きですよ 

世間を見て下さい いい訳上手の人には人生の達人はいない 達人には成れ無い・・・・と云う事ですか 山帽子さん良く気が付きましたね(ッ) 今日は大丈夫ですね

2009-1-27 山帽子

コメント
この記事をはてなブックマークに追加