gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

災い転じて福となす・・・・

2017-04-24 10:56:51 | 日記・エッセイ・コラム

これ迄のMonsieurの人生を振り返って見ると 禍が生じた時 不幸にならなくて 寧ろ 禍ごとに禍が起こった相手と                                                         仲良くなれた 友達が一人増え 禍を支え合って・・・・幸福に成れたのである 今回は電線地中化の工事の後処理で                                                         美観が損なわれる事態が発生した 禍が起こった 先週の金曜日の日に 工事メーカーの責任者が アサファルトの全面                                                     改修提案があった 工事の後処理についてMonsieurは了承した

夜遅くまで頑張ってくれた工事責任者の評価が気に成った この工事責任者だけに責任を取らせる事に Monsieurは                                                        納得が出来なかった 高評価に結び付ける方策は無いものなのか ホンダのオヤジさんだったら、どんな解決策を選ん                                                         だのか 新旧の境界線の線上に美的欠陥が生じた この美的欠陥部を利用できないだろうか 3階の北窓を開けてじっと眺めた                                                     玄関アプローチの飛び石に繋げば・・・・美的欠陥は解消される

Monsieurは朝一番から購入した切り株をしたコンクリ―トブロックセッティング 工事業者の責任者の『そよ風』訪問を                                                   待った 今日の午前10時より ・・・・打ち合わせを行い 担当者同士では了解点に達した 後は工事会社側のマネージャー                                                 判断をお願いする事に成った 多分・・・・この度のMonsieur提案が採用されるであろうと思われる 禍が転じて『そよ風』                                                    の正面出入り口ゲート&アプローチの美観はこれまでよりも・・・・向上される事であろう

今回の禍で 工事業者の責任者の人が友達になれた 友達になった人の上司も 友達になれそうである Monsieurの財産                                                     JINTER-NET回線が一系統が繋がり 広がった Monsieurはアイデア―提案と構造部材の調達行った 解決法として 私費を                                                       使って対応する事にMonsieurは当たり前と思っているが 世間ではこれも珍しい事であるそうだ 

今日(24日)のガーデニング作業 ①メダカの池の清掃で使用した汲み上げ式の水中ポンプの撤収 ②メインガーデン入口の                                                  白モッコウ薔薇の剪定 ③地中化工事の対応策協議 ④花桃の木の花&実の摘み取り ⑤家族旅行(宿泊代金+往復のフェリー代金                                                    資金 銀行振り込み(みずほ銀行)

2017-4-24 Monsieur                                        

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未だ 未だ・・・・終わらない | トップ | 薔薇と暮らす・・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。